インパネがオシャレで好印象|プリウスの内装インプレ1【画像大量】

トヨタ プリウス 2016

プリウス(PRIUS)を東京モーターショー2015で確認したのですが、現在発売されている3代目モデルよりもさらに車高が低くなりスポーティーな印象を持ちました。また、内装・インテリアのデザインも現行モデルと比べて質感が高くなり、オシャレになったように感じました。また、新しく用意されたインパネのカラーもかなり良い感じ^^そんなプリウス(PRIUS)のインパネ・内装を徹底的にレビューをしていきます。

2016/7/29

Chapter
プリウスのインパネ1:全体の様子
プリウスのインパネ2:運転席側の様子
ハンドルのグリップ感が良くなった!?

プリウスのインパネ1:全体の様子

プリウス(PRIUS)のインパネ・内装の様子は、このようになています。

プリウス(PRIUS)のインパネ・内装の様子は、このようになています。

どちらがオシャレなのかは一目瞭然ですよね。これだけみても先代モデルよりも内装・インパネのデザインが、良くなっているのが分かりますよね。東京モーターショー2015に居たスタッフさんに教えて貰ったのですが、“Iconic Human Tech”を今回のインパネのデザインのテーマにしており、運転席に座っただけで未来を感じれるようなデザインにしたみたいです。

私は”Iconic Human Tech”の意味は少し分からなかったのですが、たしかにプリウス(PRIUS)の運転席に座った時、今までのクルマと全く違ったようなデザインになっているように感じました。

ちなみに今回私が見たこのモデルのインパネカラーは、クールグレー。

このプリウス(PRIUS)のインパネのクールグレーはかなり明るくなっており、ホワイトに近いカラーになっていました。

東京モーターショー2015にいた技術スタッフの方に教えていただくまで、ホワイトだと勘違いしていました・・・。今回見たクールグレーは、ホワイト系に近い感じなので汚れなどが少し気になりますが、その事が気にならなければとても良いカラーだと思いました。

ちなみに、プリウス(PRIUS)ではクールグレー以外に定番の”ブラック”の内装カラーを用意しています。そのブラックのインパネのデザインは、このようになっています。

クールグレーに比べて、落ち着いた感じの印象を持ちますよね。汚れなどを気にするなら、クールグレーよりもブラックの方が良いのかなと思いました。

プリウスのインパネ2:運転席側の様子

プリウス(PRIUS)の運転席側のインパネの様子は、このようになっています。

ハンドルのスイッチが装備されている部分や下の部分がホワイトになっているのが印象的ですよね。また、送風口のデザインなどもかなりユニークで、なかなか良いと思いました。

ハンドルのデザインや機能、そして、ハンドルの右側にあるスイッチ類などプリウス(PRIUS)の運転席側のインパネのデザインや装備を徹底的に見てきましょう。

<次のページに続く>
次ページ
ハンドルのグリップ感が良くなった!?