【MLとの乗り出し価格の差は?】新型スイフトXLグレードの見積もりを公開

HEARTECT(ハーテクト)と呼ばれる新型プラットフォームを採用した
4代目新型スイフト(SWIFT)が、2017年1月、スズキから新発売されましたね。

今回新発売された4代目モデルは、ヨーロッパ仕様の足回りをしたRSと、
比較的カジュアルなデザインをした標準モデルの2つを用意しています。

近所のディーラーさんで確認したところ、ヨーロッパの足回りをした
RSの方が圧倒的に人気が高いようですが、標準モデルの中で人気が高く、
注目を集めているのが、ガソリンエンジンを搭載したXLグレード。

近所の街乗りメインで、マイルドハイブリッド車を必要ない人や
コストパフォーマンス(コスパ)の良さで人気が高くなっているようです。

そんな新型スイフト(SWIFT)のXLグレードの乗り出し価格は、どのくらいなのでしょうか?
また、標準車の最上位モデル”ハイブリッドMLグレード”との乗り出し価格の差は、
どのくらいなのでしょうか?

先日、XLグレードの見積もりを貰ってきたので、公開したいと思います。
2017/4/9

Chapter
新型スイフトXLグレードの見積もりを公開

新型スイフトXLグレードの見積もりを公開

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)の
XLグレードの内外装のデザインは、このようになっています。

エントリーモデルのXGグレードと異なり、このXLグレードは
16インチのアルミホイールを標準装備。

また、内装・インテリアでは、本革巻きのステアリングホイールや
パドルシフトが搭載されています。

このように機能面や装備面が充実しているのが特徴の新型スイフト(SWIFT)の
XLグレードですが、私が貰った見積もりは、このようになっていました。

そして、私が貰ったXLグレードの見積もりの乗り出し価格は、
このようになっていました。

■新型スイフト 標準車XLグレード(CVT)の乗り出し価格
車体本体価格(税込み) :1,596,000円
付属品(税込み) : 89,100円
オプション他(税込み) : 47,898円
諸経費 : 163,780円
乗り出し価格合計 :2,024,458円

■今回の見積もりで注文をしたディーラーオプション
・フロアマット
・ドアバイザー
・ナンバープレートトリム
・窒素ガス充てん
・緊急ツール
・室内抗菌防臭加工
・ボディコーティング
・ETC2.0車載器
・ETCセットアップ
・ビルトインキット

ちなみに、今回私がお願いをしたボディカラーは、特別塗装料21,600円が
掛かる有料色のピュアホワイトパール。

また、スズキの安全装備システム”デュアルセンサーブレーキサポート”を含む
セーフティパッケージ(96,120円)と、全方位モニター付きのメモリーナビを
搭載したモデルを注文しました。

このようなオプションをお願いした時の新型スイフト(SWIFT)のXLグレードの
乗り出し価格は、約202万円。

ちなみに、値引き額を軽く聞いてみたところ、現時点では最大で約12万円との事。

また、端数もカットしてくれて、割引後の乗り出し価格は「190万円でどうですか?」
と、言って頂きました。

1.2リットルのノーマルエンジンを搭載したモデルですが、機能が充実している
XLグレードを200万円以下で購入できるのは、お得感があるのかなと感じました。



新型スイフト ハイブリッドMLグレードの見積もりを公開

一方、新型スイフト(SWIFT)の標準車の最上位モデルでもある”ハイブリッドML”の
見積もり・乗り出し価格は、どうなっているのでしょうか?

XLグレードと同じカラー・オプションを注文した時の
ハイブリッドMLの見積もり・乗り出し価格は、このようになっていました。


■新型スイフト 標準モデルMLグレードの乗り出し価格
車体本体価格(税込み)   :1,746,000円
付属品(税込み)            :   89,100円
オプション他(税込み)   :   47,898円
諸経費                       :  152,480円
乗り出し価格合計    :2,174,858円

ちなみに、このハイブリッドMLグレードの値引き額を確認してみたところ、
XLグレードと全く同じ12万円が限度のようです。

こちらでも端数をカットして貰い、値引き後のMLグレードの乗り出し価格は205万円。

MLグレードに搭載されているハイブリッドシステムは、EV走行ができる
ストロングハイブリッド車ではなく、発進時や加速時にモーターがエンジンの
チカラをアシストするマイルドハイブリッド車です。

なので、ホンダのフィット3(FIT3)や日産のノート(NOTE)のハイブリッド車と
ガソリン車ほど、価格差は大きくありません。ただ、新型スイフト(SWIFT)の
ハイブリッド車とガソリン車の価格差も、正直に言って意外と大きいのかなと思いました。

ハイブリッドMLとXLグレード:価格差の元を取ることは可能?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)の
ハイブリッドMLとXLグレードの乗り出し価格の差は、約15万円。

ガソリン代など維持費だけで、この15万円の差を埋め、元を取る事はできるのでしょうか?

ディーラーさんにこの価格差の元を取れるか確認してみたところ、
「ガソリン代や乗り方にも乗りますが、やはりトータルで10万~12万kmを
乗らないと元を取るのは、難しいです。」との事。

ハイブリッドMLはLEDヘッドライトやカラーのマルチインフォメーション
ディスプレイが搭載されるなど装備面の違いがあるので、一概には比較
する事はできません。

ただ、実際にディーラーさんの話を聞くと、ガソリン代などの維持費で
ガソリン車とハイブリッド車の元を取るのは、ちょっと大変なのかなと思いました。

また、月間の走行距離が1,000km以下の走行距離が短く、乗り心地や静寂性よりも
コストパフォーマンスを優先したい方は、マイルドハイブリッド車を搭載した
ハイブリッドMLよりもノーマルエンジンを搭載したXLグレードの方が良いのかなと
思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)の
ノーマルガソリン車の売れ筋モデル”XLグレード”の見積もり・
乗り出し価格は、このようになっていました。

また、標準モデルのトップモデル”ハイブリッドML”と比較すると、
乗り出し価格で、このような違いがありました。

通勤でクルマを使用するなど走行距離が長い人は、ハイブリッドMLの方が良いと思います。

ただ、年間1万kmも運転しない人にとっては、基本的な装備も充実しており、
コストパフォーマンスに優れているノーマルガソリン車のXLグレードで十分
なのかなと思いました。