アコードハイブリッドの内装画像。注目の機能&装備を徹底レビュー

ホンダのミドルサイズのセダン、アコードハイブリッドの変更は、マイナーチェンジとなっていますが、実際にクルマを見てみると外装・内装ともに大幅に変更。特にシフトレバーのデザイン・機能には驚きました。そんなアコード ハイブリッド(Accord Hybrid)の内装・インテリアの様子を徹底的に紹介したいと思います。

2016/7/28

Chapter
アコードハイブリッド内装1:インパネの様子
メーターのデザインに変更はあった?
アコードHVはセンターコンソールが大幅に変更
アコードHVのシフトレバーの変更に注目
アコードハイブリッド内装2:シートの様子
アコード ハイブリッドでは電動パワーシートを採用
ホンダ アコードハイブリッド 2016

アコードハイブリッド内装1:インパネの様子

アコード ハイブリッドの内装・インパネはこのようなデザインになっています。

ホンダ アコードハイブリッド 2016

先代モデルと同様にブラックを基調にした落ち着いた雰囲気の内装・インパネになっていました。また、先代モデルと同様に助手席側のインパネには、このように少し濃い目の木目調パネルを装備。

ホンダ アコードハイブリッド 2016
ホンダ アコードハイブリッド 2016

また、ドアの内側パネルにも同色の木目調パネルを採用。

ホンダ アコードハイブリッド 2016

ちなみに、ディーラーさんはこの木目調パネルのデザインやカラーも変わったと言っていましたが、私が見た限りでは違いに気づきませんでした。ただ、艶やかなブラックっぽい木目調パネルはアコード ハイブリッドの内装・インテリアの雰囲気にマッチしていて、とてもオシャレなデザインに…。先代モデルと同様に大人っぽい落ち着いた雰囲気のデザインでなかなか良いと思いました。また、先代モデルと同様にアコード ハイブリッド(Accord Hybrid)のインパネの中央には、リヤカメラやカーナビのターンバイターンなどを表示してくれるセンターディスプレイを装備。

ホンダ アコードハイブリッド 2016

先代モデルと変わらずに大きなディスプレイで見やすさも十分。このセンターディスプレイは使い勝手が良さそうに感じました。


メーターのデザインに変更はあった?

また、アコード ハイブリッドのメーターは、このようなデザインを採用。

ホンダ アコードハイブリッド 2016

基本的なデザインは、先代モデルと同様。また、今回は確認することはできなかったのですが、スピードメーターの中央には、さまざまな情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイを搭載。エネルギーフローなど基本的な表示項目は先代モデルと同様のようですが、アコード ハイブリッドでは、新しい表示項目として“信号情報活用運転支援システム”と言うのが採用されているようです。


ホンダ アコードハイブリッド 2016

この”信号情報活用運転支援システム”と言うのは、信号が青信号に変わるタイミングや交差点を青信号で通過するための速度などをお知らせしてくれる機能との事。なんとこの機能が市販車に搭載されるのは世界初。この信号情報活用運転支援システムが装備されると目の前で赤信号に変わってイラっとする事もなさそうですよね。今度もしアコード ハイブリッドを試乗する機会がありましたら、ぜひともこの信号情報活用運転支援システムの性能なども確認して来ようと思います。

アコードHVはセンターコンソールが大幅に変更

また、今回新発売されたアコード ハイブリッド(Accord Hybrid)の内装・インパネの注目ポイントの一つが、センターコンソールのデザイン。
アコード ハイブリッド(Accord Hybrid)のセンターコンソールは、このようなデザインになっています。

ホンダ アコードハイブリッド 2016

先代モデルでは木目調パネルを採用していましたが、モデルでは、ラメの入ったピアノブラック調のパネルを採用。

ホンダ アコードハイブリッド 2016

先代モデルよりもスタイリッシュな雰囲気の内装・インテリアになっているように感じました。

アコードHVのシフトレバーの変更に注目

そして、このアコード ハイブリッドのセンターコンソールで注目してもらいたいのが、シフトレバーのデザイン。これがその新しくなった新型アコード ハイブリッドのシフトレバー。


ホンダ アコードハイブリッド 2016

このように見ると、シフトレバーっぽく無いですよね。このアコードハイブリッドのシフトレバーは、ホンダの高級セダン車“レジェンド”とノブが無くスイッチで操作をするタイプに変更。最初見たときは若干の違和感を感じましたが、スッキリとしたセンターコンソールは、なかなか良いと思いました。ただ、このようにシフトレバーがスイッチになっていると慣れるまでは押し間違えちゃいそうな感じも…。その点だけが少し気になりました。

ホンダ アコードハイブリッド 2016

このスイッチ式になったアコード ハイブリッド(Accord Hybrid)のシフトレバーの使い勝手も、今度試乗した際に確認してこようと思います。

アコードハイブリッド内装2:シートの様子

またアコード ハイブリッド(Accord HV)のシートは、このようなデザインになっていました。

■フロントシート

ホンダ アコードハイブリッド 2016

■後部座席

ホンダ アコードハイブリッド 2016

フロントシートも後部座席もオシャレですよね。今回私が見せてもらったのは、メーカーオプションの本革シートを採用したモデル。シート全面に本革が採用されており、高級感のある内装・インテリアになっているように感じました。

ホンダ アコードハイブリッド 2016

また、座り心地はホンダのクルマにしては若干柔らかめ。しかし、このアコード ハイブリッド(Accord Hybrid)のシートに座ってみると、体重で沈みこんで、お尻にシートがピッタリとフィットする感じが…。このやさしく包み込まれている感じは好印象でした。ちなみに、アコード ハイブリッドの最上位モデル”ハイブリッドEX”の標準装備のシートは、高級感のあるファブリック素材”ソフトウィーブ”と合成レザーのような触り心地のプライムスムースになっているようですよ。


アコード ハイブリッドでは電動パワーシートを採用

また、アコード ハイブリッド(Accord HV)のシートは、運転席は8ウェイ、そして助手席は4ウェイの電動パワーシートを採用。


ホンダ アコードハイブリッド 2016
ホンダ アコードハイブリッド 2016

また私が見た最上位モデルの”ハイブリッドEX”では、ドアの内側パネルの部分に運転席のシートポジションの設定を登録できるスイッチを装備。

ホンダ アコードハイブリッド 2016
ホンダ アコードハイブリッド 2016

高さや前後位置を無制限に調節できる電動パワーシートだと自分にピッタリのドライビングポジションに調節するのって意外と面倒なんですよね。登録できるのは2つまででしたが、このドライビングポジションシステムを登録できるのは、重宝しそうだなと思いました。

ホンダ アコードハイブリッド 2016

アコード ハイブリッドの内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。アコード ハイブリッド(Accord Hybrid)の内装の一番の注目ポイントは、やはりスイッチ型になったシフトレバー。使い勝手が気になるところですが、スッキリとした見た目は好印象でした。また、内装・インテリアも先代モデルよりもスタイリッシュになりデザイン性も良くなった事も好印象でした。

画像 試乗レビュー速報