アコードハイブリッド メーター画像レビュー。先代と変わった部分とは?

ホンダ アコードハイブリッド 2016

ホンダのプレミアムセダン、アコードハイブリッド。先日、このアコードハイブリッドを試乗させてもらったのですが、乗り心地・静寂性も大満足!見た目や内装のデザインだけではなく走破性や快適性も格段に良くなっているように感じました。また、試乗をした際、メーターのデザインや新しく追加された機能の一つ”信号情報活用運転支援システム”なども確認する事ができました。アコードハイブリッド(Accord HV)のメーターのデザインは先代と変わったのか?また、信号情報活用運転支援システムなどの使い勝手はどうだったのか?アコードハイブリッドのメーターの様子、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目や使い勝手など徹底的にレビューしたいと思います。

2016/7/28

Chapter
アコードハイブリッドのメーター画像レビュー
アコードハイブリッドのマルチインフォメーションディスプレイ画像レビュー
アコードHVのセンターディスプレイの画像レビュー
アコードHVのメーター 先代モデルとの違いは?
追加機能1:標識認識機能
追加機能2:信号情報活用運転システム
アコードHVの信号情報活用運転システムの使い勝手は?
発進遅れ防止支援機能を使った感想
【新型ホンダ アコード徹底解説】開発責任者宮原氏と対談…

アコードハイブリッドのメーター画像レビュー

アコードハイブリッドのメーターは、このようなデザインになっています。ドアを開けて、クルマに乗り込むとこのような状態に・・・。

そして、この画面では表示されていないのですが、運転席に乗り込むとホンダの”H”マークやハイブリッドエンブレムを表示。このようなアニメーションもなかなか良いように思いました。

そして、ハンドルの左側にあるプッシュスタートエンジンを押すと、このように点灯します。

基本的なデザインは、先代モデルと全く一緒。アコードハイブリッド(Accord Hybrid)のメーターの真ん中には、マルチインフォメーションディスプレイを装備したスピードメーターを装備。

また、スピードメーターの左側には、タコメーターではなく、現在のエネルギーの出力やチャージの状況を表示するパワー/チャージメーターを装備。

そして、スピードメーターの右側にはガソリンタンクの残量を表す“燃料計”とこの新型アコードハイブリッド(Accord Hybrid)の駆動に使用する高電圧バッテリーの残量計を表示。

ハイブリッド走行に必要なバッテリーの残量が大きく表示されており、一目で確認できるようになっているのは、とても良いと思いました。また、スピードメーターのまわりには、運転状況によってカラーが変化するアンビエントメーターを採用。

ちなみに、私が写真を撮った時は省燃費状態を表すグリーンだったのですが、アクセルを踏み込んで加速をしていくと、グリーンから青緑、青色へと色が変化していきます。

私も良くホンダのクルマを試乗させてもらうのですが、意外とこのアンビエントメーターのカラーを気にしてしまいます。エコな運転を心掛けるには、とても良いアイディアだと思いました。

アコードハイブリッドのマルチインフォメーションディスプレイ画像レビュー

また、アコードハイブリッド(Accord Hybrid)では先代モデルと同様にスピードメーターの中央にマルチインフォメーションディスプレイが表示されています。

このマルチインフォメーションディスプレイは様々な表示項目があるのですが、ハンドルの右下にあるこのレバーで変更する事が可能です。

そして、アコードハイブリッド(Accord HV)のマルチインフォメーションディスプレイには、次のような表示項目がありました。

■エネルギーフロー表示

■ECOドライブディスプレイ

■警告画面

■平均スピード

■平均燃費

■経過時間

■航続可能距離

■燃費履歴

また、これ以外にもアダプティブクルーズコントロールの設定画面など様々な表示画面が用意されています。

このマルチインフォメーションディスプレイの情報量の多さは、とても良いと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
アコードHVのセンターディスプレイの画像レビュー