アコードハイブリッド試乗の感想。乗り心地はホンダっぽくない!?

ホンダ アコードハイブリッド 2016

2013年に発売され、2016年5月にマイナーチェンジされたホンダ 2代目アコードハイブリッド(CR7型)。アコードハイブリッドは8代目アコードが9代目に変わる際に、ハイブリッド仕様だけになったアコードに与えられた名称です。そのため、アコードとして見れば9代目ですが、アコードハイブリッドとしてみると2代目にあたります。

今回2代目アコードハイブリッドに試乗ができると聞いたので、早速試乗に行ってきました。実際に試乗をして見ると、乗り心地や静寂性の良さにビックリ・・・。まさにプレミアムセダンという感じの乗り心地でした。また、乗り心地以外にも気になる部分や欠点はなかったか?実際にこのモデルを試乗した感想を紹介したいと思います。

2017/12/12

ホンダ 2代目アコードハイブリッドは線路を横断する時に、若干の突き上げ感が…

舗装されたアスファルト道路では路面の凹凸感じるシーンはほとんどなかったのですが、踏切を渡る時は若干上下に弾む感じや突き上げを感じます。ただ、この突き上げ感も比較的マイルドな感じです。

サスペンション形式は、マイナーチェンジ前と同じく前輪が比較的シンプルなストラット式、後輪がストラット式よりも性能的に優れていると言われるダブルウィッシュボーン式を採用しています。

また、EXグレードは下位モデルのLXグレードよりも1インチ大きい18インチのタイヤを装着。

ストラット式のサスペンションとの組み合わせで、踏切を横断する時はもっとガツッ!といった感じのとがった突き上げを感じるのかなと思っていましたが、実際に路面の凹凸が激しい踏切や線路を横断してみても、予想以上に突き上げ感の角が取れたマイルドな乗り心地となっていました。

線路を渡っている最中は多少の上下の揺れも感じたのですが、衝撃をタイヤとダンパーがしっかりと吸収していることもあり、揺れの収束も早め。

踏切を渡り終わった後、再度アクセルを踏み込む頃には揺れも完全に収まり何事もなかったようにスムーズに加速していく感じは好印象でした。

ただ、個人的には前輪にもダブルウィッシュボーン式のサスペンションを採用してもらいたかったです。そうすればもっと乗り心地は良くなったかも!?と、試乗をしながら思いました。

ちなみにダブルウィッシュボーン式を採用している後輪付近の乗り心地は全く問題なく、快適でした。

ホンダ 2代目アコードハイブリッドの乗り心地の良さを支えているのはタイヤ!?

2代目アコードハイブリッドを試乗してみて改めて良いと思ったのは、EXグレードに標準装備されているタイヤ。なんとブリヂストンの高級ブランド、レグノ(REGNO)が標準装着されています。

個人的にレグノが好きというのもあるのですが、EXにこのタイヤを採用したのは、大正解!

足回りはしっかりとしているので多少引き締まった印象はありますが、街中を運転している限りではコツコツといったような不快な突き上げを感じるシーンは、ほとんどありませんでした。予想以上にしなやかで優雅な乗り心地です。

私はマイナーチェンジモデル前のモデルを運転したことがないのですが、ディーラーさんの話によると、先代モデルよりも乗り心地は良くなったとのこと。先代モデルのオーナーさんが先日このマイナーチェンジ後のアコードハイブリッドを試乗して、乗り心地の良さに驚いたようです。

このしなやかな乗り心地は、ダンパーや足回りのセッティングがいいからでしょうが、ブリヂストン製のレグノも大きく影響をしているのかなと思いました。

アコードハイブリッドに乗り心地や静寂性が良いことで評判のレグノを標準装備したのは、個人的にはこのクルマの魅力・メリットをアップさせている重要なファクターだと思っています。

<次のページに続く>
次ページ
ホンダ 2代目アコードハイブリッドの乗り心地の欠点は?