カムリのインパネ【各装備の使い勝手とデザインを徹底レビュー】

トヨタ カムリ

累計販売台数1800万台を誇るトヨタの人気セダン車の新型カムリ(CAMRY)が、2017年7月にフルモデルチェンジをして、新発売されましたね。先代モデルと比較してスポーティーなデザインになった外装・エクステリアが話題になっているこの新型モデルですが、内装・インテリアも質感の高さが感じられるオシャレなデザインに…。先代モデルで言われていた安っぽさは一切なく、満足度の高い内装・インテリアになっているように感じました。

そんな新型カムリ(CAMRY)の内装・インテリアで特に印象的だったのは、独特なデザインになったインパネ。先進的なデザインになっただけではなく、機能的で使い勝手が良いインパネになっているように感じました。そんな新型カムリ(CAMRY)の内装・インパネについて、デザインや使い勝手について、確認をしてきたので、詳しく紹介したいと思います。

2017/7/17

Chapter
新型カムリのインパネ画像レビュー
新型カムリのインパネに搭載されている各装備&パーツを紹介
その3:センターコンソール

新型カムリのインパネ画像レビュー

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)の内装・インパネは、このようなデザインになっています。こちらは、現在一番人気のGグレードのインパネ画像。

そして、こちらは最上位モデルのGレザーパッケージのインパネ。

そして、最廉価モデルのXグレードのインパネ・内装の様子は、このようになっています。

センターコンソールなどに採用されているパネルや、ハンドル・ステアリングホイールの素材などグレードによって若干の違いがあるものの、どのグレードのインパネもスタイリッシュさを感じるデザインに…。

ただ、個人的には、センターコンソール部分に光沢感のあるタイガーアイ調加飾を施しているGグレードやGレザーパッケージのインパネの方が、上質感があって良いように感じました。

新型カムリのインパネに搭載されている各装備&パーツを紹介

このようなデザインになっているトヨタのハイブリッドセダン車新型カムリ(CAMRY)のインパネですが、各パーツ&装備について、詳しく見てく事にしましょう。

その1:ハンドル・ステアリングホイール

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)のハンドル・ステアリングホイールは、このように3本スポークのデザインを採用しております。

廉価モデルのXグレードでは、見た目の上質感に劣るウレタン素材を使用しているのですが、Gグレード以上になると、高級感のある本革をハンドル・ステアリングホイールに採用しています。

サラサラとしたレザーを使用しているので、ちょっと滑りやすそうだなと思ったのですが、見た目の高級感&スタイリッシュさは十分に満足できるレベルになっていました。

その2:シフトレバー

今回新型カムリ(CAMRY)に標準装備されているシフトレバーは、このようなデザインになっています。

シフトブーツには、ブラックのステッチが施されており、内装・インパネにマッチしたオシャレなデザインに…。

また、新型カムリ(CAMRY)のシフトレバーには、任意のタイミングでシフトアップ&シフトダウンを行えるマニュアルモードが用意されています。ただ、ハンドルにパドルシフトが用意されていないのは、個人的には少々残念でした。

そして、新型カムリ(CAMRY)で注目なのが、シフトレバー手前の部分のスイッチ類。この新型モデルでは、電子パーキングブレーキとオートブレーキホールドを搭載。

■電子パーキングブレーキ&オートブレーキホールド

デザイン性だけではなく、このように操作性&機能性が良くなったのも今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)の魅力の一つなのかなと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
その3:センターコンソール
商品詳細