本当に広い!?レヴォーグの開口部&荷室サイズを確認してみた

スバル レヴォーグ STI 2016

C型に進化したスバルのステーションワゴンのレヴォーグ。

シャープで迫力のあるフロントマスクや地面にピタっと吸い付いているような乗り心地の良さが人気の秘訣ですが、”ツーリングワゴン”に相応しい収納力の良さも魅力の一つですよね。

スポーティーなデザインのため外装・エクステリアを見ると、荷室・ラゲッジは広くなさそうに感じるこのレヴォーグ/レボーグ(LEVORG)ですが、実際に中を確認してみると、思ったよりも広い!

このクルマの荷室・ラゲッジルームはアレンジも豊富で、ゴルフやアウトドアなど様々なシーンで活躍をしそうだなと思いました。

収納力もあり、使い勝手が良いレヴォーグのラゲッジルーム・荷室ですが、実際にどのくらいの広さがあるのか気になりますよね。

先日このクルマを試乗した際、ラゲッジスペース・荷室サイズについて確認してきたので、紹介いたいと思います。
2018/1/25

ケース2:後部座席を使用時

また、スバルから発売されたステーションワゴンのレヴォーグ/レボーグは、このように後部座席を格納して、荷室・ラゲッジルームの奥行きを広くする事も可能です。

そして、この時のラゲッジ・荷室サイズは、このようになっていました。

■レヴォーグの後部座席を使用した時の荷室サイズ
荷室長:約1,800mm
荷室幅:約1,070mm
荷室高:約  670mm
※荷室幅/荷室高は、最小時の数値です。

レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)の荷室・ラゲッジスペースの奥行きがかなり広くなりましたよね。

荷室長(奥行き)が約180cmなので、平均的な身長をした成人男性なら荷室・ラゲッジスペースに横になれるサイズを確保。

私も先日このクルマの荷室・ラゲッジスペースを確認した時、後部座席を格納した状態で横になってみたのですが、足も頭もどこにもぶつかる事がなく、とってもラクチン。(私の身長は、身長が175cmです。)

このように後部座席を格納すると、レヴォーグの荷室・ラゲッジスペースは、大人でも横になれるサイズを確保するので車中泊をするのにもとても良いのかなと思いました。