【ホンダフリード見積もり公開】HVとガソリンの乗り出し価格の差はいくら?

ホンダ フリード 2017

ホンダのフリードは先代と同様にハイブリッド車とガソリン車の2つのモデルを用意しています。

先日試乗した際にガソリン車とハイブリッド車の見積もりを貰ってきたのですが、車体本体価格にオプション代や諸経費などを含めた乗り出し価格を比較してみたところ、予想以上の価格差がありました。

そんなフリード(Freed)のガソリン車・ハイブリッド車それぞれの見積もり金額を紹介したいと思います。
2016/9/26

ハイブリッドとガソリンの価格差の原因は?

フリード(Freed)のハイブリッド車とガソリン車の価格差の一番の要因は、車体本体価格の差。

今回私が貰った見積もりの車体本体価格を改めて比較してみると、このようになっています。

■ハイブリッド車とガソリン車の本体価格
ハイブリッド車:2,550,000円
ガソリン車     :2,197,200円
価格差           :  352,800円

ホンダ、フリード(Freed)のハイブリッド車とガソリン車の車体本体のみの価格差を比較すると、約35万円。

他の車種でもハイブリッド車とガソリン車では、このくらいの価格差はあります。この事を考えると、この価格差は仕方ないのかなと思いました。

エコカー減税で価格差が小さく・・・

このようの車体本体だけの価格を比較すると約35万円もの差があるホンダ、フリード(Freed)のハイブリッド車とガソリン車ですが、エコカー減税の違いで価格差は、若干縮まります。

そして、私が貰った見積もりのガソリン車のエコカー減税は、このようになっていました。

■ガソリン車のエコカー減税(FF車)
・自動車取得税
減税率:60%
支払額:23,800円
・自動車重量税
減税率:50%
支払額:11,200円
エコカー減税支払額合計:35,000円

一方、フリード(Freed)のハイブリッド車のエコカー減税は、このようになっています。

■ハイブリッド車エコカー減税
・自動車取得税
減税率:100%免税
支払額:0円
・自動車重量税
減税率:100%免税
支払額:0円
エコカー減税支払額合計:0円

ガソリン車と異なり、新型フリードのハイブリッド車は100%エコカー免税なので、若干ですが価格差が縮まります。3万5000円と言うと、欲しいオプションが一つ購入できる金額です。

このようにエコカー減税が安くなるのは、ホンダ新型フリード(Freed)の魅力の一つなのかなと思いました。

ホンダ、フリード(Freed)のガソリン車とハイブリッド車のそれぞれの見積もりを貰い比較してみたところ、価格差はこのようになっていました。

ディーラーさんの話によると、ハイブリッド車とガソリン車の価格差を埋めるには約12万キロ乗る必要があるため、現実的にはちょっと難しいようです。ただ、フリード(Freed)のハイブリッド車には、静寂性や燃費などガソリン車には無いメリットも多々あります。

また、下取り価格も全体的にガソリン車よりもハイブリッド車の方が高くなる傾向にあります。

価格差の元を取ることだけでは無く、乗り心地や走破性・居心地の良さなど様々な角度からどちらのモデルを購入した方が良いか考えた方が良いのかなと思いました。

商品詳細