ホンダのフリード荷室の3つの欠点【使い勝手が悪いと思った部分とは?】

ホンダ フリード 2017

“ちょうどよい”をコンセプトにデザインされたホンダの3列目シートコンパクトミニバンのフリード(Freed)。

フリードの基本的なコンセプトは先代モデルを踏襲していますが、先代モデルよりも内装・インテリアのデザイン性や使い勝手の良さ先代モデル以上!

ただ、このホンダのフリード(Freed)の荷室・ラゲッジスペースは、気になる部分・欠点もありました。(もちろん良い部分も多々ありましたが…。)

フリード(Freed)の実車を見て気付いた欠点、ライバル車のトヨタのシエンタよりも劣っているなと感じた部分を3つ紹介いたします。
2018/1/5

Chapter
ホンダ、フリードの荷室の欠点1:床下収納
ホンダ、フリードの荷室の欠点2:2列目シートスライド時の使い勝手
新型フリードの荷室の欠点3:3列目シート収納時の操作性&使い勝手
3列目シートの収納方法も面倒

ホンダ、フリードの荷室の欠点1:床下収納

フリード(Freed)の荷室・ラゲッジスペースの欠点の一つが、床下収納。

クルマの構造上の問題だと思いますが、このモデルでは、荷室・ラゲッジスペースの下に床下収納は、備えておりませんでした。

個人的には、これはかなりショック…。

このホンダ、フリード(Freed)の3列目シートを使用した状態にすると、荷室・ラゲッジスペースお奥行きは約250mmとかなり狭くなります。


この状態では、近所のスーパーマーケットの買い物袋が置けるくらいの広さ&奥行きしかありません。なので、使い勝手はイマイチ…。

3列目シート使用時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きやサイズは狭いので、収納力をアップさせるためにも、また、荷室の使い勝手をよくするためにも床下収納はぜひとも装備して貰いたかったのです。

ホンダ、フリード(Freed)に床下収納が装備されていないのは、少々残念でした。

ちなみに、フリード(Freed)の競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのコンパクトミニバン”シエンタ(SIENTA)”では、このように荷室・ラゲッジスペースの下の部分に床下収納が用意されています。(ハイブリッド車の荷室の床下収納は、狭いですが…)

こちらがシエンタの荷室の床下収納。

それほど大きなサイズではありませんが、洗車道具や子供のおもちゃなどを積んて置くのには、良いですよね。個人的には、3列目シート使用時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、フリード(Freed)よりも競合車・ライバル車のトヨタのシエンタ(SIENTA)の方が良いと思いました。


ホンダ、フリードの荷室の欠点2:2列目シートスライド時の使い勝手

フリード(Freed)の荷室・ラゲッジスペースで気になったのは、2列目シートを前後にスライドした時の使い勝手。

今回私はホンダ、フリード(Freed)の7人乗りモデルを見る事ができたのですが、3列目シートを収納した状態で2列目シートを前後にスライドすると、このようになります。

■2列目シートを一番後ろにスライドした時の様子

■2列目シートを一番前にスライドした時の様子

このように2列目シートのスライド位置によって荷室・ラゲッジスペースの奥行きの広さを調整できるのはとても良いですよね。

ただ、このホンダ、フリード(Freed)の2列目シートのスライドを試して気になったのは、2列目シートの構造。

このクルマの7人乗りモデルの2列目シートのスライド機能は、シートを前後に移動をしても脚は移動せずにそのまま固定されるタイプを採用。

なので、2列目シートを一番前方にスライドすると、このように脚がむき出しになります。

荷室・ラゲッジスペースの使い勝手を考えると、この脚はちょっと邪魔ですよね。

個人的にはこのように脚を固定式にするのではなく、2列目シートをスライド移動した時に脚も一緒に移動して、荷室・ラゲッジスペースがフルフラットになるデザインにして貰いたかったです。

この2列目シートを一番目にスライドした時の脚の出っ張りも、ホンダのフリード(Freed)の欠点・デメリットの一つだと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
新型フリードの荷室の欠点3:3列目シート収納時の操作性&使い勝手