トヨタ 初代CHR/C-HRを内装写真でデザインから後部座席の広さまで徹底チェック!

トヨタ C-HR  2017

今回は、トヨタ 初代CHR/C-HR(NGX10/50/ZGX10/ZYX10型)のインテリア(内装)を徹底的に紹介します。プリウス(Prius)をベースにしたSUV車CHR/C-HRが2016年12月14日にトヨタから新発売されましたね。

SUVのチカラ強さとクーペのスタイリッシュさを兼ね備えている外装・エクステリアのデザインが注目を集めていますが、内装・インテリアもデザイン性が高いデザインになっているように感じました。

トヨタ 初代CHR/C-HRのハイブリッド車/ターボ車の上位モデルGグレードやG-Tグレードでは、落ち着いた雰囲気が漂うリコリスブラウンの内装色を採用。プレミアム感や上質感のある内装(インテリア)になっており、所有感を満たしてくれるデザインに感じました。

そんなトヨタ 初代CHR/C-HRを試乗してきた際、内装写真をたくさん撮ってきたので、画像盛りだくさんで紹介したいと思います。

Chapter
トヨタ 初代CHR内装画像レビュー:インパネ編
トヨタ 初代CHR/C-HRでは2眼式のメーターを採用
トヨタ 初代CHR/C-HRの収納スペースは少なめ
トヨタ 初代CHR内装画像レビュー:シート編
CH-Rの後部座席の機能性はイマイチ?
トヨタ 初代CHR/C-HRの価格は?

トヨタ 初代CHR内装画像レビュー:インパネ編

スタイリッシュSUVトヨタ 初代CHR/C-HRの内装・インパネは、このようなデザインになっています。

こちらがハイブリッド車のGグレードやターボエンジンを搭載しているガソリン車のG-Tグレードなどに採用されているコリスブラウンの内装色をしたインパネ。インパネの上面やメーターフードなどにシックなブラウンカラーのソフトパットを採用し、落ち着いた雰囲気の内装・インパネになっているように感じました。

■ハンドル・ステアリングホイール

■シフトレバー

■ルームライト

■ドア内側パネル

■エンジンスタータースイッチ

また、上位モデルのG系グレードに採用されている各装備は、このようなデザインになっていました。一方、トヨタ 初代CHR/C-HRの下位モデルのSグレード/S-Tグレードの内装・インパネは、以下のようなデザインになっています。

基本的には同じデザインになっているのですが、内装色はブラックに。それに合わせて、インパネの上面やメーターフードもブラックカラーに変更。また、センターコンソールやドア内側アームレスト部分がプラスチック素材になり、G系グレードと比較するとやはりデザイン性で見劣りしてしまいます。

トヨタ 初代CHR/C-HRでは2眼式のメーターを採用

トヨタ 初代CHR/C-HRのベースとなったプリウス(Prius)では先進的なデジタルメーターを採用していましたが、CH-Rではシルバーのリングが印象的な2眼式メーターを採用。ただ、ハブリッド車とガソリンターボ車では、メーターのデザインが若干異なります。

■ハイブリッド車のメーター

■ガソリンターボ車のメーター

また、このクルマのメーターには、4.2インチサイズのTFTマルチインフォメーションディスプレイが搭載されているのですが、ハイブリッド車とガソリンターボ車で表示項目も異なります。この表示項目の違いも注目ポイントの一つだと思います。

<次のページに続く>
次ページ
トヨタ 初代CHR/C-HRの収納スペースは少なめ