モデルチェンジをしたトヨタカムリのGグレードとGレザーパッケージを比較【外装の唯一の違いとは?】

トヨタ カムリ

プリウスから採用された新しいプラットフォーム"TENG"を採用した10代目新型カムリ(CAMRY)が、2017年7月に新発売されましたね。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)は3つのグレードをラインナップしていますが、ディーラーさんに確認したところ、売れ筋モデルは、Gグレードと最上位モデルのGレザーパッケージのようです。

今回新発売された新型モデルのGグレードとGレザーパッケージの内装・インテリアのデザインは全く異なりますが、外装・エクステリアにも
違いがありました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)のGグレードとGレザーパッケージの外装・エクステリアには、どのような違いがあるのでしょうか?

私が撮ってきた新型カムリ(CAMRY)のGグレードとGレザーパッケージの実車画像を使って、この2台のモデルの外装・エクステリアの違いを紹介したいと思います。

2017/9/8

GグレードとGレザーパッケージの外装で唯一異なる装備とは?

このように基本的な外装・エクステリアのデザインは同じになっている新型カムリ(CAMRY)のGグレードとGレザーパッケージですが、この2台のモデルで唯一違ったのは、タイヤ&ホイールのデザイン。

この2台のモデルは、サイズもデザインも異なるタイヤを装備していました。

それでは、トヨタの新型カムリ(CAMRY)のGグレードとGレザーパッケージのタイヤ&ホイールのデザインを確認していきましょう。

こちらは、新型カムリ(CAMRY)の中間グレードGグレードのタイヤ&ホイールのデザインです。

このGグレードでは、シルバー塗装をされた17インチサイズのタイヤ&アルミホイールが標準装備されていました。(正式なタイヤサイズは、215/55R17です。)

切削加工やブラック塗装が施されていないので、見た目のハデさやスタイリッシュさは感じませんでしたが、新型カムリ(CAMRY)の最廉価モデルのXグレードのタイヤ&ホイールよりかは、オシャレなデザインになっているように感じました。

一方、こちらは新型カムリ(CAMRY)の最上位モデルのGレザーパッケージのタイヤ&ホイールのデザインです。

Gグレードのタイヤ&ホイールの見た目のデザインが全く異なりますよね。

このGレザーパッケージのタイヤ&ホイールデザインは、切削光輝加工+シルバー塗装された専用デザインを採用。

細いスポークが特徴でよりスポーティーさが強調されたタイヤ&ホイールのデザインになっているよう感じました。

また、このトヨタの新型カムリ(CAMRY)のGレザーパッケージのタイヤは、Gグレードよりも一回り大きい18インチタイヤ&ホイールを標準装備をしていました。(Gレザーパッケージのタイヤの正式なサイズは、235/45R18です。)

なので、凹凸感があるアスファルト道路やデコボコ道を運転した時の乗り心地も若干異なります。

実際に私はこの2台のモデルを乗り比べしたのですが、ひと回りタイヤが大きい最上位モデルのGレザーパッケージの方がデコボコ道を運転した時の下からの衝撃がダイレクトに伝わる感じが…。

見た目のスポーティーさは、新型カムリ(CAMRY)の最上位モデルのGレザーパッケージの方が良いように感じましたが、個人的には乗り心地は、中間モデルのGグレードの方が好みでした。

2017年フルモデルチェンジをして新発売された新型カムリ(CAMRY)の最上位モデルのGレザーパッケージと中間モデルのGグレードの内装・
インテリアを比較したところ、外装・エクステリアにこのような違いがありました。

この2台のモデルの唯一の違いは、タイヤ&ホイールでした。

ただ、新型カムリ(CAMRY)のGレザーパッケージとGグレードでは、全くタイヤ&ホイールのデザインが異なるので、一目見てどちらかの
モデルか見分ける事ができると思いますよ。

もし外装・エクステリアからどのモデルかを見分けたい場合は、タイヤ&ホイールのデザインに注目すれば、良いかもしれませんね。

商品詳細