アクアなど競合車に劣るラゲッジの広さは欠点!?ノートe-POWERのラゲッジサイズを確認

日産 ノートe-POWER

ハイブリッド車でありながら電気自動車のような走りを楽しめる日産のノートe-POWER(NOTE e-POWER)が新発売されましたね。

電気自動車のような発進加速や、ワンペダルで発進から停車まで行えるワンペダルドライブなどが注目を集めているこのe-POWER(eパワー)ですが、ちょっと残念だったのが、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手。後部座席を収納した時に大きな段差ができる点や、床下収納が用意されていなかったところなどが、実車を見て気になってしまいました。

2017/9/28

Chapter
日産 ノートe-POWER
日産ノートe-POWER 後部座席を使用時のラゲッジルームのサイズ
ラゲッジボードを装着した時に荷室の高さは?
日産ノートe-POWER 後部座席を収納時のラゲッジサイズ

日産 ノートe-POWER

そんな日産のノートe-POWER(NOTE e-POWER)の荷室・ラゲッジスペースですが、サイズ・広さは、どれくらいなのでしょうか?先日、このモデルのラゲッジの使い勝手を確認してきた時に、ディーラーさんに荷室サイズを教えて貰ったので紹介したいと思います。

日産ノートe-POWER 後部座席を使用時のラゲッジルームのサイズ

今回日産から新発売されたノートe-POWER(NOTE e-POWER)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

ちなみに、こちらは今日業者・ライバル車の一つでもあるトヨタの人気ハイブリッド車アクア(AQUA)の荷室・ラゲッジスペース。

今回新発売されたノートe-POWER(NOTE e-POWER)とトヨタのアクア(AQUA)と比較すると、アクアの方が荷室の奥行きが広そうですよね。そんなe-POWERの後部座席を使用した時の荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認したところ、このようになっていました。

■ノートe-POWERの後部座席使用時の荷室サイズ
荷室長:約620mm
荷室幅:約950mm
荷室高:約820mm

やはり競合車・ライバル車と比較すると、ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の荷室・ラゲッジスペースは、狭い感じが…。例えば、競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのアクア(AQUA)の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、約700mmあります。

また、車内の広さ・居住性に定評のあるホンダのフィット3(FIT3)の荷室・ラゲッジスペースは、約670mm程あります。競合車・ライバル車よりも狭いノートe-POWER(NOTE e-POWER)の荷室・ラゲッジスペースは、このクルマのデメリットの部分なのかなと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
ラゲッジボードを装着した時に荷室の高さは?