日産 ノートの快適な居住空間と多彩なシートアレンジ

日産 ノートの強みはe-POWERという画期的な電気駆動システム。駆動はモーターだけですが、発電用のガソリンエンジンを積んでいます。一般的なハイブリッド車と違って、ガソリンエンジンを駆動力として使わないので、室内は特に静かです。

その静かさに加えて、居住スペースの広さとシートアレンジも強みの一つです。リアシートの足下が広く、座席の座り心地も快適。グレードによってリアシートを6:4に分割でき、ラゲッジルームを拡大できます。今回はそんな強みの一つである居住空間とシートアレンジを詳しく見てみましょう。

文・PBKK/写真・ 萩原 文博

Chapter
室内長はトップクラス
リアシートの足下はかなり広々
運転席は最適なポジションに調整可能
リアシートは6:4分割で倒せます
こだわりを見せるシート地

室内長はトップクラス

画像2

ノートの寸法は、全長4100mm×全幅1695mm×全高1525mmです。エンジンルーム、ラゲッジルームを除いた室内寸法は室内長2065mm×室内幅1390mm×室内高1225mmで、特に室内長はライバル車と比べて長く取られています。

ノート:室内長2,065mm×室内幅1,390mm×室内高1,225mm

トヨタ ヤリス:室内長1,845mm×室内幅1,430mm×室内高1,190mm
ホンダ フィット:室内長1,955mm×室内幅1,445mm×室内高1,260mm
マツダ 2:室内長1,805mm×室内幅1,445mm×室内高1,210mm

ノートは数値上、室内長の面でかなり優れていることがわかります。

リアシートの足下はかなり広々

画像3

フロントシートの幅は1,215mmと十分な広さです。リアシート足下もかなりの余裕があり、フロントシートが一番下った状態でも膝があたることはなく広々としています。

ただしリアシートに3人座るのは狭いかもしれません。ただ、グレードによってはリアシート中央の背もたれ部分に、USBポート付きの大型アームレストをオプションで追加できます。大型アームレストで肘を休め優雅なドライブが楽しめます。

次ページ
運転席は最適なポジションに調整可能