【デモカー取材】注目のインナーミラー型ドライブレコーダー|ケンウッド DRV-EM4700

ケンウッド取材(デモカー)

KENWOODから発売されたインナーミラー型ドライブレコーダーは、自動車メーカーの上位モデルに標準装着が増えてきたデジタル式インナーミラーとドライブレコーダーの機能を融合したもので、事故対応やあおり運転などの証拠として使えることはもちろん、車両の安全性も高めることができる、いま大注目のアイテムなのです。

Chapter
デジタルインナーミラーとドラレコがドッキング
良いことずくめのデジタル式インナーミラー
装着するだけでインナーミラーがデジタル式に

デジタルインナーミラーとドラレコがドッキング

これまで走行中の映像を記録して、事故対応やあおり運転などのトラブルの証拠や抑止力として使われてきたドライブレコーダーですが、一昨年ごろからリアビューカメラとしても機能するミラー型が市場に増えて、注目を集めています。

それを可能としたのは2016年のCMS(カメラモニタリングシステム)に関する法改正で、これを期に海外のサードパーティを中心にデジタルミラー型ドライブレコーダーが日本でも販売されるようになりました。

良いことずくめのデジタル式インナーミラー

デジタル式インナーミラーの利点は、おおきく3つ。

カメラを車両後方のウインドウやボディに設置するので、リアウインドウのサイズや室内の装備品、Cピラーなどが写り込まず直接車両の後方を視認することができること。広角レンズを使い、広く後方確認ができること。デジタル処理により、夜間、周囲が暗い状況でも明るく見えること。

くわえて、バックモニターとして使ったり、ADAS(先進運転支援システム)の一部として後方からの急接近には警告を行うなど、良いことずくめです。

あえて欠点をあげるなら、アナログの鏡と見え方が変わるので慣れるまで違和感が残ることぐらいでしょう。電源が切れても、モニター部分は鏡面加工が施されているので、通常のミラーとして機能するように配慮されています。

装着するだけでインナーミラーがデジタル式に

デジタルインナーミラー型ドライブレコーダーのケンウッドの最新機種が「DRV-EM4700/EM3700」です。

その特徴は、なんといっても後方視界の広さです。従来のルームミラーでは、室内の作りやリアウインドウのサイズなどにより、視界はある程度限られたものになっていましたが、リアカメラを使ったことで、そういった条件に影響を受けることなく、さらに広角で映像を映すことで、格段に広い範囲をカバーしています。

また本体に用いられたISP液晶は、大画面テレビやPCで使われるもので、視野角が広く、色変化が少ないという特徴を持ち、雨天や夜間といった環境に左右されない安定した映像で後方確認が可能。

画面はタッチパネル式で、各部設定や操作、前後カメラの上下アングル調整もできるほか、音声コマンド機能を搭載し、緊急時の録画開始やカメラ切り替えはハンドルから手を離すことなく行なえます。

撮影視野角は、フロント:水平143°/垂直76°/対角170°、リア:水平107°/垂直55°/対角132°をワイド。カエラには、前後とも夜間撮影に強いソニー製STARVIS搭載CMOSセンサーと、明暗差が激しいときに発生する白飛びや黒つぶれを抑えるWDRを搭載。

地デジのノイズ干渉対策を行われるなど、あらゆる条件下で鮮明な映像を記録できるよう配慮されました。

装着は、付属の固定バンドで留めるだけ。ズレはもちろん走行中のブレも抑えるよう設計。本体のフロントカメラは、ドライバー目線に近い右側に配置。

カメラに可動域を持たせるとともに横スライドを採用し、大型の純正ミラーにも使用できます。

その他、ファイル破損防止のスーパーキャパシタ搭載やSDカードエラーが起きにくい独自記録システムを採用したSDカードメンテナンスフリー設計。オプションの車載電源ケーブルを使えば、最長24時間の駐車監視も可能になるなど、ユーザーの“あったらいいな”と思う機能が満載です。

ケンウッド(KENWOOD) KENWOOD(ケンウッド) ミラー型ドライブレコーダー 大画面12型 DRV-EM4700 デジタルミラー搭載/IPS液晶/前後高感度STARVIS

31,800円〜(税込)

後方視界の拡大も魅力のミラー型ドライブレコーダー

近年、高級車への純正装着で注目を集めているデジタルルームミラーをドライブレコーダーとしても使えるよう設計されたDRV-EM4700/EM3700。

標準モデルのDRV-EM4700は12型、コンパクトカーや軽自動車の車内サイズに合わせたDRV-EM3700は10型のIPS液晶画面をそれぞれ採用。ミラー部分にリアカメラの映像を常時映し出すことで、デジタルルームミラーとして活躍します。

前後カメラには、暗さに強いソニー製CMOSセンサーSTARVISを採用。フルHD録画で、夜間やトンネル内でも鮮明な映像を記録します。

メーカー
ケンウッド(KENWOOD)
ブランド
ケンウッド(KENWOOD)
モデル名
DRV-EM4700
梱包サイズ
4.5 x 29.3 x 7.3 cm
商品モデル番号
DRV-EM4700

DRV-EM4700とDRV-EM3700の違いは、前述したとおりモニターのサイズのみ。

EM4700は一般的な車両で使える12型、EM3700 は比較的室内が狭いコンパクトカーや軽自動車向けの10型。機能はいずれも変わらないので、愛車の室内に合わせて選んでください。

CarMe編集部

新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe[カーミー]」を運営。
「カーライフを楽しむ全ての人に」を理念に掲げ、編集に取り組んでいます。

CarMe編集部