CX-5におすすめのドライブレコーダー4選!選ぶときのポイントも紹介

ドライブレコーダー

マツダ CX-5は、ドライブレコーダーがオプションと言われています。ドライブレコーダーの購入を検討中の方も多いのではないでしょうか。この記事ではCX-5におすすめの機種や選ぶときのポイントについて紹介します。CX-5のドラレコに興味のある方はぜひ読んでみてください。

Chapter
CX-5とは?
ドライブレコーダーとは?
ドライブレコーダーの録画機能3つ
CX-5におすすめなドライブレコーダー4選
1:コムテック 前後2カメラドライブレコーダー「ZDR015」
2:ユピテル 前後2カメラドライブレコーダー「WDT700c」
3:ケンウッド 前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MR745」
4:Driveman「GP-1」
CX-5におすすめなドライブレコーダーを選ぶときのポイント5つ
CX-5におすすめなドライブレコーダーの購入場所4つ
CX-5におすすめなドライブレコーダーを知ってお気に入りを見つけよう

CX-5とは?

マツダのCX-5は、ドライバーの願いを叶える街乗りSUVです。

クリーンディーゼルなどのエンジンバリエーションと車体制御技術による快適な乗り心地は、ドライブの面白さを再認識させ、街乗りから悪路まで思い通りの走りを楽しめます。

CX-5のドライブレコーダーは、1カメラ型と2カメラ型がオプション設定されています。設置場所はフロントのミラー横とリアガラスですが、自分で好みの機種を後付けできます。

ドライブレコーダーとは?

ドライブレコーダーとは、事故やトラブル発生時に役立つ客観的記録により、ドライバーを守るアイテムです。

ドライブレコーダーには、前方だけを録画する1カメラ型、前後2方向を撮影可能な2カメラ型、全方向を1台でカバーする360度型などがあります。

1カメラ型は価格が安く、DIYで簡単に装着できます。2カメラ型はあおり運転対策に効果を発揮し、360度型は広範囲を撮影できますが画質が粗めです。

ドライブレコーダーの録画機能3つ

CX-5に搭載可能なドライブレコーダーには録画機能が3種類あり、市販品を選ぶ際の基準になります。

常時録画はドライブレコーダーの一般的な撮影方法です。衝撃感知型は事故やトラブル発生時だけ対応し、多くの機種はどちらも搭載しています。

多機能型は、駐車監視機能や運転支援などドライバーをサポートするさまざまな機能を搭載し、機種による違いが大きく、選ぶ際のポイントになります。

1:常時録画型

常時録画型は、電源スイッチを入れてから切るまでの間、連続録画する方式です。

画像は内蔵するSDカードなどに保存され、古いものから上書きされていきます。高画質になると録画媒体(SDカード)の容量がたくさん必要になります。

2:衝撃感知型

衝撃感知型は、事故などにより車体に衝撃が加わったときにセンサーが反応して、発生前後の数秒〜数十秒間が記録される方式です。

イベント録画とも呼ばれ、ボディへ衝撃のほか、急ハンドルや急ブレーキにも反応します。録画したデータは、上書きされない専用のフォルダーに保存され、事故の客観的証拠に役立ちます。

手動で行う任意録画も衝撃感知の1種類で、珍しい自然現象などを記録に残したいときにも使えます。

3:多機能型

多機能型とは、駐車監視機能や安全運転支援機能、GPSとの連携などです。

駐車監視機能は、電源を切った状態でのトラブルに効果を発揮します。安全運転支援機能は前方車両との適切な車間距離や、車線のはみ出しを知らせる機能です。GPSと連携させると、車両の位置、速度などが記録されます。

多機能型は、CX-5運転中のトラブル防止にもっともおすすめのドライブレコーダーです。

CX-5におすすめなドライブレコーダー4選

CX-5に搭載するドライブレコーダーは、カメラの種類や画素数、撮影範囲の広さを示す画角が選ぶときのポイントです。

カメラの性能に関する表示は、HDRやWDRも注意しましょう。HDRやWDRは、逆光やトンネルの出入り口付近の画像が白くなる”白とび”、夜間やトンネル内の”黒つぶれ”を補正する技術です。

合わせて、GPSや駐車監視、LED信号対応、安全運転支援機能も確認します。

1:コムテック 前後2カメラドライブレコーダー「ZDR015」

コムテック(COMTEC) コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015 前後200万画素 Full HD ノイズ対策済 夜間画像補正 LED信号対応 専用microSD(16GB)付 1年保証 Gセンサー GPS 高速起動 駐車監視/安全運転支援機能付 COMTEC

17,600円〜(税込)

衝撃感知と常時録画に対応する多機能モデル

コムテックのZDR-015は、駐車監視や安全運転支援、LED信号にも対応します。本体に搭載した液晶モニターで、トラブル発生時には録画データをすぐに再生できます。

広角カメラは、逆光に強く夜間やトンネル内も綺麗に撮影します。多彩な運転支援機能や、状況に合わせて設定変更できる駐車監視機能は、行動範囲の広いCX-5ユーザーにおすすめです。

メーカー
コムテック(COMTEC)
ブランド
コムテック(COMTEC)
モデル名
ZDR-015
梱包サイズ
3.2 x 9.6 x 6.2 cm; 139 g
商品モデル番号
ZDR-015
商品の重量
139 g

2:ユピテル 前後2カメラドライブレコーダー「WDT700c」

ユピテル(YUPITERU) ユピテル 前後2カメラ ドライブレコーダー WDT700c シガープラグモデル 前後200万画素 SONY製CMOSセンサー STARVIS ™搭載 ノイズ対策済 LED信号対応 専用 microSD(16GB)付 3年保証 GPS Gセンサー 駐車監視機能 Yupiteru【Amazon.co.jp限定】

22,222円〜(税込)

車両後方への異常を感知する機能を充実させたWeb限定モデル

ユピテルのWDT700cは、安全運転支援機能を強化し、ドライブを楽しみたい方を応援するドライブレコーダーです。

前方車両の発進後の警告に加え、青信号に変わると発進を促し、後方車両に配慮した運転をサポートします。フロントとリアの両方に搭載された超高感度センサーは、どんな条件でも鮮明な画像を記録可能です。

メーカー
ユピテル(YUPITERU)
ブランド
ユピテル(YUPITERU)
モデル名
WDT700c
梱包サイズ
2.8 x 6.5 x 5.3 cm; 94 g
商品モデル番号
WDT700c
商品の重量
94 g

3:ケンウッド 前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MR745」

ケンウッド(KENWOOD) ケンウッド(Kenwood) 前後撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MR745

26,300円〜(税込)

リアガラスやスモークガラスも明るさ調整機能でバッチリ録画

ケンウッドのDRV-MR745は、衝撃感知と常時録画に手動と静止画像録画、前後同時撮影など機能満載のドライブレコーダーです。

リアカメラに搭載されたスモークシースルー機能は、録画画像をスモークフィルムの色に合わせて調整できる機能です。保存した映像は、GPS情報とシンクロさせて表示可能です。

メーカー
ケンウッド(KENWOOD)
ブランド
ケンウッド(KENWOOD)
モデル名
DRV-MR745
梱包サイズ
3.4 x 8.8 x 5.1 cm
商品モデル番号
DRV-MR745

4:Driveman「GP-1」

アサヒリサーチ アサヒリサーチ ドライブレコーダー Driveman GP-1 PLフィルター 電源ケーブル microSD GP-1

27,601円〜(税込)

Drivemanシリーズの全機能が搭載されたハイスペックモデル

アサヒリサーチのDriveman GP-1は、画質や録画中のフレームレートなど細かくカスタム設定できるドライブレコーダーです。

多機能に加え、本体を反転させてダッシュボードに設置でき、配線の垂れ下がりの心配もなく、取り付けが簡単です。記録確認方法は本体の1インチ画面、パソコン、HDMIケーブル接続のテレビなどが使えます。

メーカー
アサヒリサーチ
モデル名
GP-1

CX-5におすすめなドライブレコーダーを選ぶときのポイント5つ

CX-5に搭載するドライブレコーダーは、撮影に関することとオプション機能が選ぶときのポイントです。

トラブルや事故発生時に客観的証拠に利用するため、鮮明な画像が保存できる点を重視します。当て逃げなど車両から離れている時間帯の撮影も必要です。

撮影した映像の確認に、液晶画面付きまたはスマートフォンが使えるなど便利な機能もポイントに加えます。

1:画質の良いドライブレコーダーを選ぶ

ドライブレコーダーの画質は、記録する映像からナンバープレートが読み取れるように、フルハイビジョンなど高画質を選びます。

画質を決めるポイントは、画素数と解像度です。フルハイビジョンに該当する解像度=1920×1080と画素数=200万画素以上で見分けます。HDRWDRといった画像補正機能もポイントです。

2:当て逃げ対策の機能が付いたものを選ぶ

当て逃げ対策に有効な駐車監視機能もCX-5のドライブレコーダーを選ぶときに大切です。

職場や出先、ドライブで訪れた場所での当て逃げは、相手がわかりません。その際、証拠として利用可能な映像を残すのが、駐車監視機能です。オプションの接続ケーブルや電源ケーブルを取り付けて使います。

低フレーム録画など長時間記録に対応する機能や、死角を低減させる目的で広範囲撮影できる点もポイントです。

3:前後撮影ができるドライブレコーダーを選ぶ

360度型や2カメラ型など、CX-5の前後撮影ができることも重要です。

トラブルや事故の多くは、前後の状況が関係します。ナンバープレートを鮮明に記録し、状況証拠に利用するためには、前方と後方同時撮影が必要です。

撮影と同時に、安全運転支援機能による急接近や割り込み、あおり運転が疑われる事案への警告も安全確保に役立ちます。自分を守るために複数の視点から確認しましょう。

4:水平画角120°あると安心

ドライブレコーダーの撮影範囲を示す画角は、横幅が広く映せる水平画角120°あれば十分です。

横幅をワイドに撮影できると、斜め方向からのトラブルや発生状況を記録できます。取り付け位置の都合で左右均等に撮影できない場合もあり、水平画角が大きければズレを補えます。

CX-5はセダンよりも車高が高めなので、前後車両のナンバープレートや直近の信号機を撮り残せるように、垂直画角も大きいものがおすすめです。

5:LED信号機に対応したものを選ぶ

LED信号機は目に見えない速さで点滅を繰り返すため、非対応の機種では信号機の色が確認できない画像になる可能性があります。

ドライブレコーダーのフレームレート(fps)は、1秒間に撮影するコマ数です。LED信号機は、東日本が1秒間に約100回、西日本は約120回点滅することを念頭に、フレームレートの倍数が重ならないように選択します。

「LED信号機全国対応」のような表示が一般的です。

CX-5におすすめなドライブレコーダーの購入場所4つ

ドライブレコーダーの購入場所は、取り付けも考慮します。

自分で取り付けできる方は、大型ショッピングセンターやネットショッピングでの購入がおすすめです。メーカーや機能、価格など参考に選びます。いっぽう、取り付けを依頼する場合は、カー用品店やディーラーがおすすめです。

持ち込みのドライブレコーダーの取り付け業者の紹介サイトでは、提携する近くの整備工場も検索できます。購入場所と合わせて検討します。

1:大型ショッピングセンター

大型ショッピングセンターは、電気製品やカー用品を取り扱う店舗で販売されています。

ホームセンターや家電量販店のカー用品コーナーでは、店舗によって取扱商品が異なります。取り寄せになることもあるため、店舗で確認しましょう。特にネットで取り付け方法を発信している店舗は、販売にも熱心で品揃えも豊富です。

自分での取り付けが基本ですが、持ち込み先を探すなどすれば購入できます。

2:ネットショッピング

自分で取り付ける方は、ネットショッピングを利用します。

大手ネットショップを中心に探すと、機種の比較も楽しめます。メーカーによって、直接販売サイトを運営している場合もあり、送料やアフターサービスがポイントです。

取り付けが未経験でも、ドライブレコーダーは比較的簡単に施工できます。駐車監視機能用別売りケーブルが必要な場合はセット品の購入がおすすめです。

3:カー用品店

カー用品店は、購入と取り付けをセットで依頼できて便利です。

様々なメーカーを一手に扱っているため、店頭では迷ってしまうこともあるでしょう。その際はカー用品店のおすすめ商品を選ぶか、事前にネットでメーカーや機能、希望商品や価格帯を調べておくと安心です。

カー用品店のサイトでは、取り付けに必要な時間や工賃も明示されています。アフターサービスも充実しているため、一括で依頼したい方は検討しましょう。

4:ディーラーから直接購入

CX-5のディーラーから、車両の購入に合わせてドライブレコーダーを取り付ける方法もあります。

マツダの純正は、ケンウッドのドライブレコーダーです。ディーラーは純正が基本ですので、他社製品の取り扱いはありません。オリジナル製品は高性能ですが、工賃も含めて他の販売店よりも高額です。

緊急時対応サービスの「マツダエマージェンシーコール」も利用でき、万全のアフターサービスを受けられます。

CX-5におすすめなドライブレコーダーを知ってお気に入りを見つけよう

CX-5を安全かつ快適に利用するためにも、おすすめのドライブレコーダーに対する知識を深め、取り付けましょう。

ドライブレコーダーは、トラブルや事故発生時に客観的証拠として役立ちます。CX-5はオプション扱いのため、購入後に取り付けが必要です。メーカーや機能を比較し、お気に入りを探して、取り付け方法を考慮します。

CX-5に相応しいドライブレコーダーを取り付けて、ドライブを楽しみましょう。