ノンスリップマットのおすすめメーカー17選!種類や選び方をご紹介

セイワ(SEIWA) 車用 ノンスリップマット すべり止めシート カーボン カーボン柄 ブラック W845

車などの乗り物に乗った時、スマートフォンや鍵の置き場所に困ったことがある方も多いことでしょう。そのまま置いてしまうと、床に滑り落ちてしまう場合があります。今回は、ノンスリップマットのおすすめメーカー17選や種類、選び方を紹介していきます。

西條 具視|にしじょう ともみ

大手アパレルから中古車販売会社に転職し、仕入れや買取査定といった業務を経験。
その後スポーツカー専門店でレストアやチューニングの知識をつけ、自身で中古車販売店を経営。

西條 具視
Chapter
ノンスリップマットとは?
プロがおすすめするノンスリップマットメーカー3選
1.SEIWA ノンスリップマット
2.アイガーツール ノンスリップマット
3.ボンフォーム ノンスリップマット
編集部おすすめのノンスリップマットメーカー14選
ノンスリップマットメーカー1:槌屋ヤック
ノンスリップマットメーカー2:トラスコ
ノンスリップマットメーカー3:Siivton
ノンスリップマットメーカー4:QBeau
ノンスリップマットメーカー5:星光産業
ノンスリップマットメーカー6:日進
ノンスリップマットメーカー7:カーメイト
ノンスリップマットメーカー8:prendre
ノンスリップマットメーカー9:Lino Ulu
ノンスリップマットメーカー10:YeeHoOJapan
ノンスリップマットメーカー11:ナポレックス
ノンスリップマットメーカー12:VERISSY
ノンスリップマットメーカー13:明邦
ノンスリップマットメーカー14:Athvcht
ノンスリップマットの選び方3つをご紹介!
ノンスリップマットのおすすめメーカーを知ろう

ノンスリップマットとは?

車の中で、携帯電話や鍵などの大事なものを一箇所に固定して置いておくことができるという便利アイテムが、ノンスリップマットです。ノンスリップマットのサイズや質感には様々なものがあり、また様々な場所で販売されています。使いたい場所や目的、または好みにより、適したノンスリップマットを選ぶことができます。

ノンスリップマットの種類4つ

現在販売されているノンスリップマットの種類には、シートタイプ・メッシュタイプ・シールタイプ・シリコンタイプの4種類があります。マットによって長所や特徴などが異なりますので、何を固定したいのか、どこで使うのか、気温変化はどうか、誰が使うのか、などのポイントを考えて、適したものを選ぶようにしましょう。

シートタイプ
ノンスリップマットのシートタイプは、気軽に使えるシート状になっています。車内での使用なら、走行中の大事なものの落下防止として安心して使用することができます。また、家での使用ならラグなどの下に敷いて使うことや、階段の滑り止めとして使用することなどができて便利です。 必要に応じて好みのサイズに切って使用するなど、工夫次第で様々な活用方法があります。

メッシュタイプ
メッシュタイプのノンスリップマットは、安くて柔らかいため、自由に変型させて使うことができます。巻いたり折ったり畳んだりと、自由自在の形で使えますし、カットすることで大きさを変えることも可能です。また、食器棚の中に敷いて使うことで、地震の際に食器が滑って落ちてくるということを予防することもできます。

シールタイプ
ノンスリップマットのシールタイプは、必要な場所に貼り付けてしっかりとすべり止めの役割を果たしてくれる便利なマットです。シールタイプを使うことで、ラグなどが動いてしまってストレスを感じてしまうということがなくなります。また透明なものもありますので、場合によっては目立たずに活躍させることができるという利点もあります。

シリコンタイプ
ノンスリップマットのシリコンタイプは、耐熱性、耐寒性、電気絶縁性などの優れた特徴を持ったマットになっています。元々滑りにくいシリコンという性質を生かした製品になっています。表面には滑りにくくするために加工も施されています。そのため、車の中などの動く場所で上にスマートフォンなどの大事なものを置いても快適に使用できることでしょう

プロがおすすめするノンスリップマットメーカー3選

1.SEIWA ノンスリップマット

セイワ(SEIWA) セイワ(SEIWA) 車用 ノンスリップマット すべり止めシート カーボン柄 ブラック W857

393円〜(税込)

最近では、使い勝手を考慮した内装の車が多く、収納をたくさん備えた車が多く販売されています。

しかし、ダッシュボード周りに物を置くスペースがほとんどなく、小物を置くのに困った経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

そんな時に活躍するのが、こちらの「SEIWA」のノンスリップマットです。

SEIWAは「カーライフにエキサイティングな“新しい付加価値” を」を企業理念に掲げる、カーグッズのトータル・コーディネート・カンパニー。創造性に富んだ、斬新なカーアイテムが多くの車愛好家から支持されています。

中でもこちらのノンスリップマットは、高級感のある立体成形のカーボン調仕様が大きな特徴で、愛車のインテリアを損なうことなく使用できます。また、熱に強いシリコン素材が採用されているので、高熱に晒されやすいダッシュボード上でも安心して設置できます。

こちらのノンスリップマットであれば多少の曲面なら場所を問わず、どこにでも設置できるので、「愛車の雰囲気を損なわない、使い勝手のいいノンスリップマットが欲しい」という人には最適なアイテムです。

メーカー
セイワ(SEIWA)
ブランド
セイワ(SEIWA)
モデル名
W857
梱包サイズ
0.2 x 16 x 8 cm; 40 g
商品モデル番号
W857
商品の重量
40 g

2.アイガーツール ノンスリップマット

アイガーツール(EIGER TOOL) アイガーツール(EIGER TOOL) ノンスリップマット 30×90cm M

282円〜(税込)

ノンスリップマットは、素材によって熱に耐久性のあるものや、振動や衝撃に強いものなど、色々な種類があります。

また、好きな大きさに切って使える「シートタイプ」、特殊なシリコン素材を使用している「シリコンタイプ」、両面テープで貼り付ける「シールタイプ」、形を自由に変えることができる「メッシュタイプ」など、アイテムによって使用方法も大きく異なります。

「自由に大きさを調整できる、丈夫なノンスリップマットを探している」という人には、機能性に優れたカー用品を多く展開する「アイガーツール」のノンスリップマットがおすすめ。

こちらのノンスリップマットは、300mm×900mmのワンシートタイプのゴムマットで、使いたい場所に合わせて好きな大きさに切って使うことができます。

ダッシュボードはもちろん、ドアサイドやラゲッジルームなど、アイデア次第で愛車のあらゆる場所に使用できるのが魅力的です。

使用用途によってオリジナルの使い分けができる自由度の高いノンスリップマットなので、ひとつ購入しておくと運転中に様々な利便性を実感できるでしょう。

メーカー
アイガーツール(EIGER TOOL)
ブランド
アイガーツール(EIGER TOOL)
商品モデル番号
6935680130904

3.ボンフォーム ノンスリップマット

ボンフォーム(BONFORM) ボンフォーム ノンスリップマット ミニオン ミニオン 軽/普通車 ノンスリップシート ノンスリップシート ブラック 7293-33BK

550円〜(税込)

ノンスリップマットの多くはシリコン素材やゴム素材の商品が大半を占めています。

そんな中、カーインテリアの総合メーカーである「ボンフォーム」が手がけるこちらのノンスリップマットは、珍しい「アクリルスポンジ素材」を採用しています。

アクリルスポンジは吸着力に大変優れた素材で、洗剤を使用しなくても汚れを吸着できるという特徴から、掃除用のスポンジとして使用されるのが主な用途です。アクリルスポンジのこの優れた吸着力をノンスリップマットに活かすことで、走行時の衝撃や振動をしっかりと吸収する効果が発揮され、スマートフォンや家の鍵などをマットの上に置いていても落下する心配がありません。

ノンスリップマットではあまり使用されないアクリルスポンジを使用するあたりが、車のインテリアにこだわりの強いボンフォームならではの発想だなと感じさせられます。

メーカー
ボンフォーム(BONFORM)
ブランド
ボンフォーム(BONFORM)
モデル名
7293-33BK
梱包サイズ
1.3 x 0 x 1.8 cm; 30 g
商品モデル番号
7293-33BK
商品の重量
30 g

下記では編集部がおすすめするノンスリップマットメーカー14選をご紹介していきます!

メーカーごとの特徴や魅力についてもまとめているので、合わせてチェックしてみてください。

編集部おすすめのノンスリップマットメーカー14選

ノンスリップマットがあるだけで車の中や家での時間がより快適になり、車内空間も居住空間もより楽しめるようになります。メーカーや商品によって特徴が違いますので、自分に合っているものを選ぶことが重要になってきます。ここからはノンスリップマットの製造・販売を行っているおすすめメーカーと、その製品とをご紹介していきます。

ノンスリップマットメーカー1:槌屋ヤック

槌屋ヤック(Tsuchiya Yac) 槌屋ヤック 車用 ノンスリップマット 滑らないシート シリコン 大 BK PZ-402

379円〜(税込)

槌屋ヤック(Tsuchiya Yac)というメーカーは、自動車用アクセサリーの製造・販売や輸出入を行っているメーカーです。

ノンスリップマット 滑らないシートは、シリコン素材で何度でも気軽に置き直しができて便利な製品となっています。レッドライン入りなので、シンプルでありながらもスポーティでスタイリッシュな仕上がりになっています。

メーカー
槌屋ヤック(Tsuchiya Yac)
ブランド
槌屋ヤック(Tsuchiya Yac)
モデル名
PZ-402
商品モデル番号
PZ-402

ノンスリップマットメーカー2:トラスコ

トラスコ中山(TRUSCO) TRUSCO ノンスリップマット 【TCM-5050】 1巻

56,156円〜(税込)

トラスコは、様々な生活用品や作業用品を取り扱っているメーカーです。

ノンスリップマットは、天然ゴムでできていて使用感はもちろんのこと、環境にも優しい製品となっています。洗って何度も使用でき、エコの観点からも人気です。Amazonはもちろんのこと、通信販売のアスクルでの販売、またはホームセンターなどでの販売も行っています。

メーカー
トラスコ中山(株)
ブランド
トラスコ中山(TRUSCO)
商品モデル番号
TCM5050
商品の重量
35.7 kg

ノンスリップマットメーカー3:Siivton

Siivton Siivton 滑り止めシート すべり止めマット ノンスリップシート 100×92cm

1,099円〜(税込)

Siivtonというのは、車内で使用する製品や、アクティビティー製品などを多く製造しているメーカーです。

ノンスリップマットは、使用する箇所に合わせてハサミで簡単にカットして使用することができます。車のルーフに物を載せる際にも、このノンスリップマットがあれば安心です。

メーカー
Xtron Tech
ブランド
Siivton
商品モデル番号
SVT-F-H00288-WH-F

ノンスリップマットメーカー4:QBeau

QBeau QBeau「ノンスリップマット 超強力粘着」

1,000円〜(税込)

Q-Beauというメーカーは、車の中で使用できるような数多くの製品の製造・販売を行っています。

ノンスリップマットはエコシリコン製で、滑り止め作用と粘着力が強いため、動く車の中でも安心して使用することができる製品となっています。水洗いすれば何度でも使用できて便利です。

メーカー
QBeau
モデル名
SJD-PW

ノンスリップマットメーカー5:星光産業

星光産業(EXEA) 星光産業 車内用品 滑り止めマット EXEA(エクセア) ノンスリップマット3 BK EE-18

414円〜(税込)

星光産業というのは、文房具や自動車用品などの製品の製造・販売を行っているメーカーです。

ROOMY TANK トール ジャスティ ノンスリップマットは、トヨタのルーミー・タンク、ダイハツのトール、そしてスバルのジャスティ専用で作られており、シートバックテーブルにジャストサイズで貼れるタイプとなっています。カスタムメイド感が出て雰囲気のいい車内となることでしょう。

メーカー
星光産業(EXEA)
ブランド
星光産業(EXEA)
モデル名
EE-18
梱包サイズ
0.1 x 30 x 8 cm
商品モデル番号
EE-18

ノンスリップマットメーカー6:日進

日進ゴム 日進ゴム「ハイパーVシート PX-10H30 PX-10H30 ノンスリップマット」

1,914円〜(税込)

日進というメーカーは、多くのゴム製品の製造販売を行っています。

日進 ハイパーVシートは、実績のあるゴム素材を使った滑り止めシートとなっており、車内や家の中問わず、多くの場所の滑り止めマットとして活躍しています。

メーカー
日進ゴム
モデル名
PX-10H30

ノンスリップマットメーカー7:カーメイト

カーメイト(CARMATE) カーメイト 車用 ノンスリップマット 激ピタッシート すべり止めシート L 日本製 SZ111

561円〜(税込)

カーメイトは多くの車用製品の製造・販売を行っているメーカーです。

すべり止めシートの中には車種専門で設計された、シリコン製のトレイが付いたものもあります。車内で小物などを安心して置いておくことができ、洗練された雰囲気となっています。

メーカー
カーメイト(CARMATE)
ブランド
カーメイト(CARMATE)
モデル名
SZ111
商品モデル番号
SZ111

ノンスリップマットメーカー8:prendre

prendre 強力粘着滑り止めマット ノンスリップマット 車載 アクセサリー 柔軟 シリコン 強力吸着 シート PR-NONMAT

450円〜(税込)

prendreは多くのカーアクセサリーや工具箱、雑貨などの製造・販売を行っているメーカーです。

強力粘着滑り止めマット ノンスリップマットは、車の中で好きな場所に設置するだけで、上に置いた物を固定することができるという優れものです。吸着力が弱くなってきたら水洗いすればまた元の粘着力が復活しますので、長く使えるのも嬉しいポイントとなっています。

メーカー
prendre
ブランド
prendre
商品モデル番号
PR-NONMAT

ノンスリップマットメーカー9:Lino Ulu

Lino Ulu Lino Ulu「滑り止めマット」

880円〜(税込)

Lino Uluはコスメティック用品、雑貨などの多くの商品を取り扱っているメーカーです。

このメーカーは、車や家の中などで使用することができる、シリコン製のノンスリップマットも扱っております。シンプルなデザイン製で、どの車にも自然に馴染んで使いやすい製品となっています。

メーカー
Lino Ulu
商品モデル番号
sz4
サイズ
27×15cm
厚さ
2mm

ノンスリップマットメーカー10:YeeHoOJapan

YeeHoOJapan 車 滑り止めマット 車すべり止めシート 車すべり止めマット 車用 ノンスリップマット (YeeHoOJapan)

610円〜(税込)

YeeHoOJapanは車用品やサバイバルシートなどの商品を取り扱っているメーカーです。

高分子弾性材料という、柔らかくて耐久性がある素材で作られている、黒のノンスリップゴムマットを扱っています。洗って何度も使用できますので、長く使えて便利です。

メーカー
YeeHoOJapan
ブランド
YeeHoOJapan
梱包サイズ
18 x 13 x 0.3 cm
商品モデル番号
YH-0012

ノンスリップマットメーカー11:ナポレックス

ナポレックス(Napolex) ナポレックス「ノンスリップマット 汎用 WD-214」

982円〜(税込)

ナポレックス(NAPOLEX)は、車用品の老舗総合ブランドです。

日々の安全と快適を追求して様々な便利アイテムの販売を行っています。ディズニーのミッキーがデザインされた可愛らしいノンスリップマットもあります。家族のいる方におすすめです。

メーカー
株式会社A-Z
ブランド
ナポレックス(Napolex)
モデル名
WD-214
梱包サイズ
0.4 x 18 x 14 cm
商品の重量
69 g

ノンスリップマットメーカー12:VERISSY

VERISSY VERISSY 2枚セット 超強力滑り止めマット 大きめサイズ(27㎝×15㎝) 車載滑り止めシート スマホをしっかり固定 滑らないノンスリップパッド 滑り止めパッド すべり止めシート ノンスリップマット

650円〜(税込)

VERISSYは、快適なドライブをサポートしてくれる製品やメガネアクセサリーなどの製品の販売を行っているメーカーです。

このメーカーのノンスリップマットは耐寒耐熱タイプで、どんな季節にも使用することができます。また2枚セットで大きめサイズですので、必要なものをしっかりとホールドしてくれます。

メーカー
VERISSY
ブランド
VERISSY
商品モデル番号
VER80EX

ノンスリップマットメーカー13:明邦

メイホウ(MEIHO) 明邦 車用 ノンスリップマット 猫の肉球デザイン ブラック 2個セット ME216

524円〜(税込)

明邦(MEIHO)というメーカーは釣り用品などを取り扱っています。

このメーカーの人気商品は可愛らしいスヌーピーのノンスリップマットで、モノトーンになりがちな車の中をスヌーピーの絵で飾ってくれます。車の中だけではなく、家の中でも使いたくなることでしょう。

メーカー
メイホウ(MEIHO)
ブランド
メイホウ(MEIHO)
モデル名
ME216
梱包サイズ
18 x 13 x 0.5 cm
商品モデル番号
ME216

ノンスリップマットメーカー14:Athvcht

Athvcht 滑り止めシート160cm x 100cm 滑り止めマット自由カット 吸音 滑り止め 丈夫 変形しにくい PVCマット 家庭 業務 車に

1,580円〜(税込)

Athvchtは生活用品や牽引ロープなどの販売を行っているメーカーです。

用途に合わせて好きな形や大きさにカットして使用することができる、滑り止めシートの販売も行っています。車の中でも家の中でも使用することができるでしょう。 柔軟性と弾力性がありますので、滑り止めとしてやコースターとしての利用も便利です。

メーカー
Athvcht
ブランド
Athvcht
商品モデル番号
Athvcht-11

ノンスリップマットの選び方3つをご紹介!

ノンスリップマットは、様々な種類があるためどのように選べばいいのか迷う方も多いことでしょう。商品によって特徴や機能が異なります。 これから、ノンスリップマットの選び方3つを紹介していきます。

ノンスリップマットの選び方1:洗えるものを選ぶ

使用していれば汚れてくるのは当然です。そのため、最初から製品の表示を確認し、洗えるものを選択するというのが1つ目のおすすめの選び方となります。安心して洗えて、いつでも清潔なものを使えるというのがこの選び方の利点です。また、洗っても粘着力が落ちないかどうかは事前に表示で確認しておきましょう。

ノンスリップマットの選び方2:コスパで選ぶ

1度のみ使えるノンスリップマットではなく、汚れたら洗えるなど、長く使えるようなコストパフォーマンスがいい製品も数多く販売されています。家の中ではカーペットの滑り止めや家具の滑り止めとしても応用できますので、介護シーンにも、小さな子どもがいる家庭にも欠かせません。様々なシーンで使用できるためコスパに気をつけて選ぶと良いでしょう。 粘着性が少し弱くなってきたり、汚れてしまったりしても、水洗いすればまた新品同様に使える製品を探してみましょう。

ノンスリップマットの選び方3:性能で選ぶ

確かな性能を持ったノンスリップマットを選べば、車の中でスマートフォンや鍵のトラブルに煩わされることもありません。また、階段の滑り止めやコーナークッションとしての役割も担ってくれるような高性能のノンスリップマットもありますので、特に小さな子どもやお年寄りが住んでいる家では性能を重視して選んでいきましょう。様々な場所に予防措置を取っておくことで、安心して生活することができるようになります。

ノンスリップマットのおすすめメーカーを知ろう

車内や家での地震対策用、または家具やラグなどのずれ防止として、ノンスリップマットを使用することができます。軽量で柔らかい製品ですので、気軽に持ち歩いて移動中に使用することも可能です。様々なメーカーからノンスリップマットが販売されているため、自分に合ったものを選ぶようにすると良いでしょう。

商品詳細