本当にイタリア車は壊れやすいのか?よくあるダッシュボード等のベタつき対策は?

「ENZO」!

フェラーリ、ランボルギーニ、アルファロメオ、フィアットなどイタリア車といえば、クルマ好きにとっては、特別なもの。
そんなイタリア車は壊れやすいといった噂をよく聞きますが、都市伝説?本当の話?簡単に検証していきましょう。

Chapter
新型「ジュリア」は見るからに品質が高そう!
なぜクオリティが高いイタリア車が増えたのか?
昔のイタリア車はどうだったの?
結論は?
おまけで、ダッシュボード等のベタつき対策についても!

新型「ジュリア」は見るからに品質が高そう!

先日発表となったアルファロメの新型「ジュリア」。横から見た姿、少しBMWに似てる気がしますが、エクステリア、インテリアとも非常にクオリティが高そうで、壊れそうな雰囲気もありませんよね。

筆者の完全な主観ですが、2000年代に入ってからのイタリア車は、新型「ジュリア」と同じく、みんなエクステリアから壊れそうな雰囲気が出ていないように感じます。ランボルギーニも「ムルシエラゴ」から一気に壊れなさそうな雰囲気になったと思います。

なぜクオリティが高いイタリア車が増えたのか?

なぜクオリティが高いイタリア車が増えたのか、まずはランボルギーニについてです。

ランボルギーニは、1999年にアウディ傘下へ入りました。アウディやVWグループの様々が技術が活かされ、傘下に入ってから発売された「ムルシエラゴ」「ガヤルド」から一気に品質が上がりました。

次に、フィアットグループのアルファロメロオ、フェラーリ、マセラティについてです。フェラーリのトップだったモンテゼーモロが2004年にフィアット会長に就任してから、売上・品質も一気に向上しました。

ちなみに、今フィアットグループは「FCA」と呼ばれています。「FCA」とは「フィアット・クライスラー・オートモービルズ」のこと...なんとクライスラーがフィアットグループの一員になっています。

<次のページに続く>
次ページ
昔のイタリア車はどうだったの?