車用電動ポリッシャーおすすめ13選!車磨きをしよう【2020年版】

車用電動ポリッシャーは車を研磨し、ワックスがけする電動工具で作業効率を高めることができます。今まで手作業でしていた人におすすめです。ここでは、おすすめの車用電動ポリッシャーを紹介しているため、購入したい人は参考にしてください。

Chapter
車用電動ポリッシャーとは
車用電動ポリッシャーおすすめ13選
おすすめ1:Ryobi「サンダポリシャ RSE-1250」
おすすめ2:RUPES「ビッグフットポリッシャーキットセット LHR21ES/STD」
おすすめ3:BOSCH「吸じんランダムアクションサンダー PEX260AE」
おすすめ4:Bengang「オートポリッシャー 研磨機」
おすすめ5:SPTA「変速電動ポリッシャー ESP6125AC-JP」
おすすめ6:STRAIGHT「電動ダブルアクションポリッシャー」
おすすめ7:Makita「充電式ランダムオービットポリッシャ PO500DRG」
おすすめ8:高儀「電動ポリッシャー EP-300A セット」
おすすめ9:アストロプロダクツ「電動ポリッシャー950W05−06197」
おすすめ10:FLEX「シングルアクションポリッシャー PE14-2」
おすすめ11:WEIMALL「カーポリッシャー」
おすすめ12:PROSTAFF「シャインポリッシュS P173」
おすすめ13:Super PDR「電動ポリッシャー」
車用電動ポリッシャーを使うポイント2つ
車用電動ポリッシャーの選び方5選
車用電動ポリッシャーの種類と機能を理解して自分に合ったものを選ぼう

車用電動ポリッシャーとは

PROSTAFF [ プロスタッフ ] 自動車塗装面用電動ポリッシャー シャインポリッシュ S AC100V [ 品番

車用電動ポリッシャーとは、車体を研磨し、汚れを取るための電動工具です。現在ではさまざまな種類が販売されていることもあり、手軽に購入できるメリットがあります。また、手作業で研磨や汚れを落とす場合よりも短時間で済ませることができ、自身で車のメンテナンスをする人にとっておすすめの電動工具でもあります。

電源コードとコードレス

車用電動ポリッシャーを選ぶ際には、電源コード付きとコードレスタイプから選ぶことになります。電源コード付きであれば、充電せずに使用することができますが、コードが邪魔で回り込む際に作業しにくさが出てしまうことこともあります。一方コードレスタイプの場合は、充電していれば気軽に使用することができ、作業効率も高まります。また電源がなくても使用することができるメリットがあります。

回転数による違い

車用電動ポリッシャーごとに回転数が異なる仕様になっており、使いやすさも違いが現れます。一般的に、回転数が速いほど作業効率を高めることができ、作業時間を短縮することが可能になっています。また電源コードの車用電動ポリッシャーの方が回転数が多い特徴があり、回転数を速いタイプを探しているのであれば電動コードタイプがおすすめです。しかし、初心者の人では使いこなすことができない場合もあります。

車用電動ポリッシャーおすすめ13選

車用電動ポリッシャーはさまざまな種類が販売されていることもあり、購入する際に悩んでしまう場合もあります。これから車用電動ポリシャーを購入しようとしている人や、おすすめの車用電動ポリッシャーを探している人は参考にしてください。以下ではおすすめの車用電動ポリッシャー13選を紹介します

おすすめ1:Ryobi「サンダポリシャ RSE-1250」

Ryobi「サンダポリシャ RSE-1250」

リョービ(Ryobi) リョービ(RYOBI) サンダポリシャ RSE-1250

¥ 10,780〜

回転数を自由に調整できる!(上級者向け)

「サンダポリシャ(Ryobi)」は、回転数を自由に調整できるダイヤルが取り付けられた車用電動ポリッシャーです。
そのため、さまざまな用途で使用したい人や状況に応じて、回転数を調整したい人におすすめです。また、回転数が一律のタイプのものよりも細かな作業を行うことができるため、上級者向けの車用電動ポリッシャーでもあります。

商品重量
1.5 Kg
梱包サイズ
22.6 x 12.3 x 15.1 cm
表札の名字
本体
電源
電源コード付き
電圧
100 V
ワット数
300 W
電池付属
いいえ

おすすめ2:RUPES「ビッグフットポリッシャーキットセット LHR21ES/STD」

RUPES「ビッグフットポリッシャーキットセット LHR21ES/STD」

RUPES(ルペス) RUPES(ルペス社) ビッグフット(big foot) ポリッシャーキットセット LHR21ES/STD

¥ 60,400〜

疲れにくい!ハンドル部分は人間工学を元に設計

「ビッグフット ダブルアクションポリッシャー(ルぺス)」は、ハンドル部分が人間工学を元に設計されていることもあり、握りやすい車用電動ポリッシャーに仕上がっています。
握りやすいグリップに仕上がっていることで、長時間作業しても腕が疲れてしまうことがなく、長時間作業をする人にもおすすめです。しかし、販売価格が高く設定されていることもあり、一般人よりも仕事で使用する人向けの車用電動ポリッシャーです。

ブランド
RUPES(ルペス)
商品重量
4.96 Kg
梱包サイズ
55.6 x 23.6 x 15.2 cm
製造元リファレンス
LHR 21ES/STD

おすすめ3:BOSCH「吸じんランダムアクションサンダー PEX260AE」

BOSCH「吸じんランダムアクションサンダー PEX260AE」

ボッシュ(BOSCH) BOSCH(ボッシュ) 吸じんランダムアクションサンダー PEX260AE

¥ 9,376〜

初心者でも安心して使用できる!

BOSCH「吸じんランダムアクションサンダー PEX260AE」は、研磨する材料に押し付けるまで回転しない構造になっているため、不意に素材を傷つけてしまうことがありません。初心者の方は車用電動ポリッシャーの扱いに慣れていない場合が多く、素材を傷つけてしまいやすいですが、押し付けることで回転してくれるため、初心者の方でも安全に使用することができ、おすすめです。

商品重量
1.5 Kg
梱包サイズ
38.7 x 29.1 x 14.7 cm
グリーン
表札の名字
通常品
材質
ポリアミド
電源
電源コード付き
電圧
100 V
ワット数
260 W
電池付属
いいえ

おすすめ4:Bengang「オートポリッシャー 研磨機」

Bengang「オートポリッシャー 研磨機」

Bengang Bengang 電動ポリッシャー 研磨サンダー 研磨機

¥ 7,999〜

多機能で操作が簡単!

Bengang「オートポリッシャー 研磨機」は、高出力対応のためプロの方まで使うことができる仕様となっているのが特徴の1つです。
初心者でも簡単に操作ができる設計となっているおすすめの研磨機です。持ち手が専用のG型ハンドルと横サブハンドル付属で、操作もスムーズかつスピードも八段階まで調節ができるので安心して使えるおすすめなポリッシャーです。

商品重量
3.54 Kg
梱包サイズ
48.3 x 19 x 11.2 cm
ブラック

おすすめ5:SPTA「変速電動ポリッシャー ESP6125AC-JP」

SPTA「変速電動ポリッシャー ESP6125AC-JP」

SPTA SPTA 電動ぽりっしゃー, 変速電動ポリッシャー 研磨パッド付き

¥ 6,999〜

コンパクトで、掃除も簡単!

SPTA「変速電動ポリッシャー ESP6125AC-JP」は、サイズもコンパクトなため女性の方でも操作が楽にできるのが特徴の1つです。
電圧も480Wから最大12000OPMまで変えることができ、効率よく研磨することができます。研磨の時にでる粉塵などは、フィルターを通して集じんボックスに収納される仕組みとなっているので掃除も簡単なおすすめの製品です。

商品重量
1.95 Kg
梱包サイズ
34.2 x 22.7 x 15.5 cm
材質
鉄、プラスチック
電圧
100 V
ワット数
480 W

おすすめ6:STRAIGHT「電動ダブルアクションポリッシャー」

STRAIGHT「電動ダブルアクションポリッシャー」

ストレート(STRAIGHT) (STRAIGHT/ストレート) 電動ダブルアクションポリッシャー AC100V 17-0008

¥ 10,000〜

6段階で回転数の調整が可能!

STRAIGHT「電動ダブルアクションポリッシャー」もおすすめの車用電動ポリッシャーの1つです。
速度の調整が6段階まで可能で、重量も2.4kg前後と軽いため、扱いやすい商品となっています。またスポンジパッドなどは別途、購入する必要があるため注意しましょう。

商品重量
3.02 Kg
梱包サイズ
38.2 x 15.8 x 15.4 cm

おすすめ7:Makita「充電式ランダムオービットポリッシャ PO500DRG」

Makita「充電式ランダムオービットポリッシャ PO500DRG」

マキタ(Makita) マキタ(Makita) 充電式ランダムオービットポリッシャ PO500DRG

¥ 54,802〜

初心者にもおすすめ!仕上げモード搭載で作業ラクラク!

Makita「充電式ランダムオービットポリッシャ」は、仕上げモードが搭載されている車用電動ポリッシャーであるため、研磨後により綺麗に仕上げることが可能です。
本格的に車を綺麗にしたいと考えている人などにおすすめです。また、細かな設定をしなくても仕上げモードを使用することで電動工具を使いなれていない人でも綺麗に仕上げることができます

商品重量
5.52 Kg
梱包サイズ
53.5 x 25 x 18 cm
表札の名字
バッテリ・充電器付き
入数
1
電池付属
はい
バッテリータイプ
リチウムイオン

おすすめ8:高儀「電動ポリッシャー EP-300A セット」

高儀「電動ポリッシャー EP-300A セット」

髙儀(Takagi) EARTH MAN 高儀 電動ポリッシャー EP-300A セット

¥ 5,144〜

手がけワックスのような仕上がり!

「電動ポリッシャーセット(高儀)」は、バフ部分が楕円回転するため、手でワックスがけをしているように仕上がります。
そのため、オーロラマークができにくく、綺麗に仕上げれるメリットがあります。また、車用としても使うことができますが、形状上床のワックスがけや研磨におすすめです。最低限の力で使用することができるため、車だけではなく家庭でも使用したい人におすすめです。

電圧
AC100V
周波数
50/60Hz
電流
0.6A
消費電力
60W
回転数
50Hz 約900~3000min-1、60Hz 約600~3000min-1
本体サイズ
約長さ280×幅148×高さ195(mm)
ベースパット寸法
約φ148mm
コード長
約5m
質量
約1.6kg
定格時間
30分

おすすめ9:アストロプロダクツ「電動ポリッシャー950W05−06197」

アストロプロダクツ「電動ポリッシャー950W05−06197」

アストロプロダクツ(AP) ASTRO PRODUCTS 05-06197 電動ポリッシャー 950W 05-06197

¥ 10,780

左利きの人にもおすすめ!

「電動ポリッシャー950W05−06197(アストロプロダクツ)」は、適度な重量で作られている特徴があります。
適度に重さがあることで、使用する際は本体の重量をかけるだけで使用することができ、押さえつける必要がありません。そのため、初心者の方でも安心して使うことができ、力加減を把握しなくても綺麗に仕上げることが可能です。また、左右どちらにもハンドルをつけることができ、左利きの人にもおすすめです。

ブランド
アストロプロダクツ(AP)
モデル名
05-06197
商品重量
2.3 Kg
梱包サイズ
33.2 x 24.1 x 13.2 cm
メーカー型番
05-06197

おすすめ10:FLEX「シングルアクションポリッシャー PE14-2」

FLEX「シングルアクションポリッシャー PE14-2」

FLEX 【パッド付】FLEX(フレックス) 電動 シングルアクションポリッシャー プロトン 125φ PE14-2

¥ 75,100〜

低速回転可能!職人にもおすすめの電動ポリッシャー!

「電動シングル回転 ポリッシャー(FLEX)」は、低速回転が可能になっている車用電動ポリッシャーです。
一見、低速で回転する必要性はないと思われがちですが、低速回転することで熱が帯びにくくより綺麗にワックスがけなどができます。また、木材に使用した際に焦げ目ができることがなく、職人にもおすすめの電動ポリッシャーです。

品番
PE14-2 150
取り付け可能パッドサイズ
125~150mm径
スピンドルサイズ
5/8" -11
全長×全高
402×117mm
消費電力
1400W
電源
100V 50/60Hz
重量
2.3kg
標準付属品
サイドハンドル/125mmφパッド(ポリッシングバフは付属しておりません)

おすすめ11:WEIMALL「カーポリッシャー」

WEIMALL「カーポリッシャー」

WEIMALL WEIMALL 電動ポリッシャー 車用 電動 カーポリッシャー 12V ポリッシャー

¥ 2,750〜

持ち易い形状で作業性◎

WEIMALL「カーポリッシャー」は12Vの車用電動ポリッシャーで、シガーソケットから簡単に電気を供給できます。本体が軽くコンパクトなので、
誰でも簡単に使うことができるためおすすめです。

また専用のパフがついているので、愛車を簡単かつ綺麗に磨き上げることができます。

ブランド
ウェイモール (WEIMALL)
商品重量
1.1 Kg
梱包サイズ
21 x 16 x 16 cm
製造元リファレンス
ELT001

おすすめ12:PROSTAFF「シャインポリッシュS P173」

シャインポリッシュS AC100V(ProStaff)

プロスタッフ(Prostaff) PROSTAFF [ プロスタッフ ] 自動車塗装面用電動ポリッシャー シャインポリッシュ S AC100V [ 品番 ] P173

¥ 4,957〜

振動と駆動音が小さい!家庭でも使用OK!

「シャインポリッシュS AC100V(ProStaff)」は、家庭でも使用することができる車用電動ポリッシャーであり、振動と駆動音が小さい特徴があります

振動が少ないことで手元がブレてしまうことがなく細かな作業をすることができ、手が疲れにくくもなります。また、低騒音であるため、近所の人に迷惑をかけることなく作業することも可能です。

ブランド
プロスタッフ(Prostaff)
モデル名
P173
商品重量
2.06 Kg
梱包サイズ
25.4 x 25.2 x 21.8 cm
メーカー型番
P173

おすすめ13:Super PDR「電動ポリッシャー」

Super PDR「電動ポリッシャー」

Super PDR 自動車塗装面用 電動ポリッシャー バフ 2個付き (レッド)

要確認

省力・省時間タイプ

Super PDR「電動ポリッシャー」は、本体ボディが小さいため騒音が少なく、使いやすいのが特徴の1つです。

水を使って車を磨きあげたり、ワックスがけカバーをつかうことでワックスで仕上げ磨きをすることができます。また、車以外にも家庭内で階段の手すりや家具を磨いたりするのにも使うことができます。ワックスをかける時には、一定の回転速度で磨き上げることができムラなくワックスを塗ることができます

ブランド
Super PDR
商品重量
780 g
梱包サイズ
15 x 15 x 20 cm
製造元リファレンス
SD-0008
商品の寸法
奥行き × 幅 × 高さ 15 x 15 x 20 cm
ボルト数
12 V
レッド

車用電動ポリッシャーを使うポイント2つ

車用電動ポリッシャー

車用電動ポリッシャーは簡単に愛車を磨き上げることができる、便利でおすすめなツールです。しかし車用電動ポリッシャーの使い方を間違えると、十分に効果を得ることができません。下記の2点に注意して車用電動ポリッシャーを使っていきましょう。

ポイント1:磨く前の入念な水洗い

車用電動ポリッシャーで愛車を磨き始める前に、車本体についている砂埃を軽く洗い流すなどの準備をしておきましょう

その後、水で洗っただけでは落ちなかった汚れや異物をきれいに取り除きます。砂やほこり、異物が車本体に付着したままだと、車用電動ポリッシャーで磨いたときに傷になってしまう可能性があります

ポイント2:コンパウンドとバフの使い分け

車用ポリッシャーで愛車を磨くときに、コンパウンドとバフを使い分けて磨くことをおすすめします

バフというのは、ポリッシャー本体に取り付けて、車を磨き上げていく道具です。一方、コンパウンドというのは液体の研磨剤のことで、バフと併用して使いますコンパウンドは、車のキズのサイズにあわせて粒子変えて使うのがおすすめです。バフと併用して研磨することで、キズが浅い場合は修理に出す必要がなくなります。

車用電動ポリッシャーの選び方5選

車用電動ポリッシャー

車用電動ポリッシャーはさまざまなメーカーが販売されている場合や、形状が異なることもあるため、購入する際に悩んでしまうことも多いです。購入後に後悔しないためにも、正しい選び方を把握しておくことをおすすめします。次に、車用電動ポリッシャーの正しい選び方を5つ紹介します。車用電動ポリッシャーを初めて購入する人は参考にしてください。

選び方1:電源の種類

電源の種類は2つに分けることができ、家庭用のコンセントで使用できるタイプ電圧が高いコンセントでしか使用できないタイプになります。そのため、電源の種類を把握せずに購入してしまうとコンセントに差し込むことができず、使用することができません。使用するうえで基本的な選び方であるため、購入する前に確認しておくことをおすすめします。

選び方2:ダブルアクション

ダブルアクションとは、普通に回転するとともに、偏芯回転もすることであり、より細かな研磨が可能になっています。しかし、研磨する力は低いため、最初に使用するのではなく、仕上げ用として使用することをおすすめします。ダブルアクション機能があれば、初心者の方でも綺麗に研磨することができ、人を選ばない種類でもあります。

選び方3:シングルアクション

シングルアクションは均一に回転する機能であり、研磨力に優れている特徴があります傷を削る際やひどい汚れを落とす際におすすめの機能ではありますが、力加減を間違ってしまうと削り傷を作ってしまったり、仕上げたにもかかわらずオーロラマークができてしまいやすいです。プロ向けの機能であるため、職人などにおすすめであり初心者の人だと使用することが難しいでしょう。

選び方4:給電方法

車用電動ポリッシャーは給電方法でも選ぶことができ、電源コードを使用する場合充電式に分けられています。車用電動ポリッシャーは出力を求められる電動工具であるため、電源コードタイプの電動ポリッシャーが主流です。一部、充電式ポリッシャーも販売されていますが、力が弱いといったデメリットがあり、本格的に使用する人にはおすすめできません。

選び方5:動作音の大きさ

車用電動ポリッシャーは、バフ部分を高速回転させる電動工具であるため、駆動音が出てしまいやすいアイテムでもあります。駆動音が大きいことで使いづらい可能性があり、使用する日時が決まっている人にとっては使いにくさを感じてしまいます。そのような場合は、音を抑えられるタイプの車用電動ポリッシャーの購入をおすすめします。

車用電動ポリッシャーの種類と機能を理解して自分に合ったものを選ぼう

車用電動ポリッシャーはさまざまな種類が販売されているため、使用する用途に合った車用電動ポリッシャーを購入するようにしましょう。いままで手作業でワックスがけや研磨を行っていた人は、車用電動ポリッシャーを購入して効率よく愛車を綺麗にしてみてはいかがでしょうか。