新型三菱 エクリプスクロス登場!ターマックモードを搭載したPHEVは走りも注目!

三菱 エクリプスクロス 2020 新型

三菱自動車は2020年12月4日にクロスオーバーSUVの「エクリプス クロス」の新型モデルを発売しました。今回の新型モデルからPHEVモデルが追加され、より魅力的なモデルへと生まれ変わりました。今回はPHEVの性能面を中心に紹介していきます。

文・西川昇吾

エクリプスクロスPHEVは走りの楽しさも注目!

アウトランダーPHEVが優れているのは環境性能だけではありません。運転を楽しめるメカニズムも備わっています。

その筆頭とも言えるのが4輪駆動システムS-AWCです。あらゆる情報から走行状況を判断し、前後左右の駆動や制御を的確に行います。これにより、高いオフロード走破性はもちろん、オンロードでも安定性が高く、燃費性能の向上にも貢献した走りができます。

S-AWCはドライバーの好みに合わせてドライブモードを選ぶことができ、あらゆる状況に対応する「ノーマル」、雪道などの滑りやすい路面で挙動を安定させる「スノー」、悪路走破性に優れた「グラベル」という今までの3つのモードに加えて、このPHEVで新たに搭載された「ターマック」の計4つのドライブモードが用意されています。

ラリーで舗装路を表すターマック、主にワインディングがターマックのステージとなることが多いのですが、このターマックモードはその名が表すように、ドライ路面でスムーズなコーナリングを実現するワインディング走行に特化した制御となっています。

もしもの時の給電機能

エクリプスクロスPHEVの魅力は走行時以外にもあります。それは給電システムです。車内に家庭用コンセント(100V AC電源)が装備されているため、家庭用の家電をアウトドアで使用できるのはもちろんですが、災害時にも役に立ちます。

PHEVならではの特徴として、大容量バッテリーを備えているほか、自ら発電をすることができるので、満充電かつガソリン満タンの状態から最大約10日間の電量を供給できます。

<次のページに続く>
次ページ
普段の利便性も抜群

西川 昇吾|にしかわ しょうご

1997年生まれ。富士スピードウェイ近隣で生まれ育ち、大学で自動車に関する学習をする傍ら、自動車ライターとしての活動を始める。過去にはコミュニティFMのモータースポーツコーナーにてレギュラー出演経験あり。「書くこと、喋ることで自動車やモータースポーツの面白さを伝える」を目標とし、様々なジャンルのライティングや企画に挑戦中。

西川 昇吾