損保ジャパン日本興亜、「移動支援サービス専用自動車保険」の販売を開始

高齢者をはじめとする地域住民の移動支援を後押しするため、業界初となる保険を7月から販売します。

Chapter
中山間地域などにおける移動支援の実現を後押し

中山間地域などにおける移動支援の実現を後押し

損保ジャパン(移動支援サービス)

損保ジャパン日本興亜は、中山間地域などにおける移動支援の実現を後押しするため、「移動支援サービス専用自動車保険」を開発し、7月から販売を開始します損保ジャパン日本興亜は、中山間地域などにおける移動支援の実現を後押しするため、移動支援サービス専用自動車保険の販売を開始しました。

公共交通が十分でない中山間地域や過疎地域では、高齢者をはじめとした、日常の移動に不自由を感じている方々がおり、移動手段確保の重要性が高まっています。

そこで、公共交通を補完する手段として期待されているのが、ボランティアドライバーが自家用車を持ち込んで輸送する移動支援サービスです。しかし万が一事故が発生した際には、ボランティアドライバー自身が契約している自動車保険を使用する必要があり、ドライバー確保の際の課題となっています。

損保ジャパン日本興亜は、これら双方の問題を解決するため、移動支援サービス専用自動車保険を用意しました。

損保ジャパン(商品イメージ)

この保険は、事前に登録を行ったボランティアドライバーが、自ら所有している車で移動支援サービスをしている際の事故については、優先的に保険金を支払うというものです。

損保ジャパン日本興亜は、この保険によりボランティアドライバー自身が契約している自動車保険を使用する必要がなくなるため、負担が軽減されます。

移動支援サービス専用自動車保険は、7月1日以降から販売を開始しています。