マフラー4本出しって意味あるの?1本、2本、3本、4本それぞれの役割とは?

NSX GT-CONCEPT(SUPER GT GT500)

カスタムパーツでも定番といえるのが「マフラー」。ノーマルだと1本のマフラーでも、そうしたパーツで、2本や4本!といった見た目にも刺激のあるカスタマイズが可能になっています。しかしこれによる影響というのはどうなのでしょうか…!?

Chapter
基本的にはマフラーは排気効率が良いものが高性能となる
そもそもマフラーの役目は…
マフラーを増やす意義とは…?
排気効率の良いマフラーは出力向上が見込めるが…

基本的にはマフラーは排気効率が良いものが高性能となる

メーカー純正のマフラーは大抵のクルマは1本出しのものが多いと思います。これはもちろんコスト面を考えたら無駄にパーツを増やすべきでない、という事もありますし、重量増につながるパーツをわざわざ増やす必要はない、という考えもあるでしょう。

一義として、マフラーは排気抵抗が少ない方が出力を得る事ができます。そう考えると、なるべく排気抵抗の少ないレイアウトで配した方が良いわけです。

たとえば、V型エンジンやボクサーエンジンなどは、左右2本出しにした方がレイアウト上、排気効率が良くなりますし、また重量バランスも左右対称にしやすく、見栄えもスポーティでおさまりが良いといえるでしょう。

そもそもマフラーの役目は…

エンジンで爆発した後に排出される排気ガスは、エキマニ、エキゾーストパイプを経由し、マフラーに到達します。この排気ガスは高温高圧の状態から大気に開放されると一気に膨張するため、大きな音を発します。

マフラーはこの排気ガスの特性を抑え込んでその音を抑える「サイレンサー」でもあります。

エンジンの構造上、大きなエキゾーストに対処するといった場合、あえてマフラーを左右2本に振り分けることで騒音を減らす、といったケースも多くあるでしょう。

<次のページに続く>
次ページ
マフラーを増やす意義とは…?