アルファード/ヴェルファイア用サスKIT~上質を追い求める人のために~ HKS「HIPERMAX G」

上質で自然な乗り味と優れた静粛性、剛性感を実現した、新しい純正形状単筒式サスペンション「HIPERMAX G (ハイパーマックスG)」がHKSから誕生しました。初期の適合車種は30系アルファード・ヴェルファイアで、今後増える予定。耐久性にも優れ、購入時から3年または6万km保証もあります。

Chapter
HKSのコンセプト「HKS HIPERMAXテクノロジー」
純正形状へこだわった理由と、その必然性
基本設計を最大限行かすHKSの優れたセッティング能力
MADE IN JAPANが可能にした、高い耐久性と品質管理、購入保証
HIPERMAX G 仕様

HKSのコンセプト「HKS HIPERMAXテクノロジー」

HKS アルファード

「乗り心地」「スタイル」「安定感」そのすべてにおいて「上質」を徹底追及するために概念を大きく変えた、HKSからの回答が「HIPERMAX G (ハイパーマックスG)」です。

最大の特徴はレーシングカーや高級車のみで標準採用される単筒式サスペンション。

HKSは、サスペンション開発当初からコストより性能を追求した基本設計にこだわり続け、HKS HIPERMAXテクノロジーを生み出しました。

上質なサスペンションの必須条件として、最適な減衰力の発生、倒立式ならではの安定性、小さな衝撃にも素早く対応する機敏さなどを備えており、あらゆる走行シーンで優れた乗り心地を実現しています。

純正形状へこだわった理由と、その必然性

HKS HIPERMAX G

なぜHIPERMAX Gは純正形状にこだわったのか?

それは力学に基づいた、上質な乗り味と適度なローダウンの両立に最適な形状だからです。

任意の車高調整がメリットな車高調整式サスペンションは、引き換えにストローク量や車高の調整幅確保の両立が難しくなります。

様々な路面状況で上質な乗り味を実現するため、ストローク量の確保やきめ細やかなダンパーセッティングが可能な、純正形状の採用は必然だったのです。

さらにアッパーマウントに純正マウントを採用したことで、優れた静粛性も確保しました。

車高調整サスペンションに多い直巻きスプリングより、同じ車高でもバネ材の長さを確保できるスプリングについても同じ事が言えます。

また、スプリングをオフセットすることで、構造上ダンパーをこじって曲げようとする力をキャンセルし、フリクション低下とスムーズなストロークを実現しました。

次ページ
MADE IN JAPAN!HKSのセッティング能力と品質管理が生きる!