なぜシャコタンにするのか?シャコタンのメリットとデメリットは?

改造車

シャコタンとは、「車高短」つまり車高を低くすること。一昔前までは、シャコタン=族車のイメージでしたが、今は、スタイルや運動性能の観点からメリットがあるとされています。もちろんやりすぎはNGですが、現代のシャコタンにはどんなメリット、デメリットがあるのでしょう?

Chapter
シャコタンはどうやってできる?
昔は違法改造だったけど今は?
シャコタンのメリットとデメリットは?
シャコタンのデメリットは?

シャコタンはどうやってできる?

もっともポピュラーなのは、サスペンション(スプリング)を短くすることです。シャコタン用のスプリングに交換するか、もしくは、すでに装着されているスプリングを切断して短くする方法もあります。オススメはできませんがスプリングを抜いて(いわゆるノーサス)車高を極限まで低くするという方法もあります。

また、ショックアブソーバとスプリングを車高調と呼ばれるようなスポーティなものに交換するとノーマルよりも1インチ(約2.5cm)程度は車高を下げることができます。1インチといっても見た目はかなり違って、ウェストライン以下がすっきりとしてスポーティで安定した印象になります。

昔は違法改造だったけど今は?

かつて、スプリングを短くすることや交換することは陸運支局への届出&認証が必要でした(いわゆる公認)。

公認を得ずに公道を走ることは違法改造でもちろん車検にも通りませんでした。それが大きく変わったのが平成7年の規制緩和です。スプリングを交換しても自動車のボディサイズが車検証の数値に対して高さ±4センチ、幅±2センチ、長さ±3センチまでなら、届け出の必要はなくなりました(スプリングの切断はNGで最低地上高9センチを確保する必要)。

この規制緩和以降、日本でも合法的に楽しめる車高調やローダウンが人気となってきたのです。

<次のページに続く>
次ページ
シャコタンのメリットとデメリットは?