国交省が2016年6月に解禁!? 車両のミラーレス化のメリット・デメリット

テスラ モデルX

現在、バックカメラの機能がかなり普及してきて一般的になってきましたが、サイドミラーなどは法的な制約もあり、電子ミラー化やミラーレス化はできない状況です。

しかしこの度、国土交通省が車のミラー全てをカメラとモニターで代用できるようにする方針を打ち出しました。ミラーレス化の今後やメリット、デメリットを見ていきましょう。

Chapter
ミラーレス化は2016年6月に実現?
ミラーレス化の条件、既に実用化されているミラー代用機能は?
ミラーレス化のメリット
ミラーレス化のデメリット

ミラーレス化は2016年6月に実現?

どんな自動車にも必ず装備されているサイドミラーなどのミラー類。現在は自動車後部の死角を視認しやすくするためのバックカメラが一般的になってきたり、日産車で大々的に宣伝されているような「アラウンドビューモニター」をはじめとする、ドライバーの安全確認支援機能を搭載する車も増えてきたりしています。

しかし、サイドミラー(ドアミラー)などのミラー類に関しては「道路運送車両の保安基準」などにより、鏡面の面積や視認できる範囲、その他にもかなり細かい条件が定められており、これまでカメラ等の電子機器による機能代替などは認められませんでした。

それがこの度、国土交通省が定めているそれらの保安基準を改定し、2016年6月から車のミラー全てをカメラとモニターで代用できるようにする方針であると発表されたのです。

現在のテスラ モデルXの市販モデルは通常のドアミラーとなっていますが、コンセプトモデルではミラーレスのデザインとなっていました。テスラは、米国でのミラーレス化の実現を訴えています。

では、なぜここにきてミラーレス化の方針が打ち出されたのでしょうか?これは、今年6月に開催された国連の自動車基準調和世界フォーラム(WP29)で自動車のミラーに関する国際基準が改定され、来年6月からミラーの機能を全てカメラとモニターで代用可能とすることが決定されたことに起因します。

よって、ミラーレス化は日本のみならず今後世界的な動きとなるでしょう。なお、自動車基準調和世界フォーラムは、安全で環境性能の高い自動車を容易に普及させる観点から、自動車の安全・環境基準を国際的に調和することや、政府による自動車の認証の国際的な相互認証を目的に開催されています。

ミラーレス化の条件、既に実用化されているミラー代用機能は?

そう遠くない時期に解禁されそうな自動車のミラーレス化ですが、単純にミラーをカメラに置き換えていいわけではなく、ミラーレス化にあたってカメラやモニターも一定水準以上の性能を有していなければならないとされています。

例えば、映像の視野角や画質。これまでの鏡による後方確認用ミラーと同等以上であることや、夜間でも十分な明るさやコントラストで表示できるといった規定を満たす必要があるとのことです。

それでは、現在市販車に搭載されているミラー代用機能も見てみましょう。現在の国産車で積極的にそういった機能を搭載しているのが日産です。その一つが通常ミラーと液晶モニターを簡単切り替えて表示する「スマート・ルームミラー」。

鏡のルームミラーでは、後部座席に乗員がいる場合に後方確認の際に視界が遮られたり、天候によって後方をクリアに確認できなかったりしました。しかし、「スマート・ルームミラー」では、車体後部のカメラ映像とミラーとを瞬時に切り替えることができるようにし、これにより、車体後部の内蔵モニターで後方の状況をクリアな画像で確認できるのです。

他にも車両周辺の死角を広く確認できる「アラウンドビュー・モニター」なども電子カメラによってドライバーの安全確認動作をサポートする機能を備えています。

<次のページに続く>
次ページ
ミラーレス化のメリット