かつて存在したオープン仕様のジムニー…姿を消した理由は?

スズキ ジムニー SJ40 (1982)

ジープというと、フロントウインドウを残し、幌でキャビンをソフトトップで包んだイメージがあります。日本における硬派な4WD、ジムニーにも、1990年代のJA12までソフトトップモデルがラインナップされていましたが、JB23以降のモデルでは姿を消してしまいました。その理由とは?

SUVのカブリオレも登場、ジムニーの幌にも影響アリ!?

方向性は違いますが、レンジローバー イヴォークにカブリオレが設定されましたよね。このSUVカブリオレが市場で受け入れられれば、日本メーカーも投入する可能性が少しは出てくるでしょう。

また、そもそもセカンドカーとしてのニーズが高いのが、カブリオレやオープンカーですから、ジムニーの幌モデル復活の可能性も決してゼロではないでしょう。

遊びゴコロやマーケットを考えると、同じスズキのハスラーにカブリオレモデルを追加するのも、面白いかもしれませんね。

商品詳細