車検って一体何をするの?本当に必要なの?車検に関する疑問を徹底解説!

車検

クルマを維持していく上で、避けては通れないのが車検です。

ですが、車検では実際に何をしているのか?高いお金を払ってでも受けないといけないのか?とお思いの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、車検の中身について徹底解説していきます。

Chapter
車検はクルマが「保安基準」に適しているかを検査するもの
車検に備えるためにどのような点検が必要?
車検を通さないと罰則を受けることになる
車検はどこで受けられるの?
車検に必要な書類やかかる費用は?

車検はクルマが「保安基準」に適しているかを検査するもの

車検の正式名称は「自動車継続検査」といい、略称で車検と呼ばれています。車検は、所持しているクルマが「道路運送車両法」に定められている「保安基準」に適しているかを検査するものです。

検査に合格すると自動車検査証とステッカー(検査標章)が交付されます。

ステッカーには車検の有効期限が記されており、フロンドガラスなどクルマの見えやすい位置に貼っておかなければいけません。

また、車検証は急に必要になる場合があるので、クルマの中に収納しておくと良いでしょう。

車検に備えるためにどのような点検が必要?

車検では、時間の経過や走行によるクルマの部品の劣化を検査し、運転に支障をきたさないかをチェックします。

車検に備えるための主な整備内容としては、ブレーキ装置の点検とオイル交換各種ベルト類の点検と交換、車両の下回りにオイル漏れがないかの点検、ウオッシャー液の点検と補充、ワイパー・ワイパーゴムの点検、エンジンルーム内のリザーバータンクの量の点検、タイヤ溝の深さの点検、灯火類の点検などを中心に行います。

特にブレーキ装置や灯火類などは、安全に自動車を運転するために必ず点検しておかなければなりません。

また車検前に限らず、エンジンオイルや冷却水は定期的なメンテナンスとして行っておく必要があります。

<次のページに続く>
次ページ
車検を通さないと罰則を受けることになる

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
商品詳細