Vクラスでキャンプ!マルコポーロは、いつ日本で正規輸入される?

Vクラス マルコポーロ

Vクラスといえば、メルセデス・ベンツのミニバンです。では、「マルコポーロ」というモデル名を聞いたことがありますか?こちらは、Vクラスをベースとしたキャンピングカーです。Vクラス マルコポーロの、日本での発売予定はあるのでしょうか?

Chapter
ベースとなるVクラスについて
マルコポーロは何がどう違う?
日本導入の見込みはある?

ベースとなるVクラスについて

セダンやクーペイメージの強いメルセデス・ベンツですが、大人数が乗れるファミリーカー、Vクラスもきっちりラインナップされています。しかし唯一のミニバンであるため、見かける機会は多くはないかもしれません。

初代モデルは1998年にデビュー、2014年に登場した現行モデルで3代目となります。初代モデルは、スペース効率の良いFFベースでしたが、2代目以降はFRベースに切り替えられています。

現行モデルのボディサイズは、全長4,905~5,380mm×全幅1,930mm×全高1,880mm。重量は2,280~2,490kgと、日本ではかなりラージサイズです。

ミニバンであっても、フロントグリルやヘッドライトの形状は、他のファミリーを意識したものとなっており、デザインの一貫性も見られます。エンジンは、2.2ディーゼルターボが用意されています。

マルコポーロは何がどう違う?

冒頭で触れた通りマルコポーロは、Vクラスをベースにしたキャンピングカー。外観こそ大きな変化はないものの、その中身はノーマルのVクラスとはずいぶんと異なります。

インテリアは、高級ワンルームを思わせる仕上げで、ガスコンロ、冷蔵庫、シンク、格納式テーブルなど、生活に必要なものは大体揃っており、車内が家代わりにさえなってしまいそうな勢いです。ラウンジのようなシートは、ボタン操作でダブルベッドとしても使用可能。足りないものがあるとすればお風呂くらいでしょうか。

ウッドフロアで、素材にもこだわった上質な空間が売りとなっています。

<次のページに続く>
次ページ
日本導入の見込みはある?