メルセデスベンツ 3代目Vクラス(447811C/447815C型)の多彩なシートアレンジは?

メルセデスベンツ 3代目Vクラス

今回はメルセデスベンツ 3代目Vクラス(447811C/447815C型)の多彩なシートアレンジについて紹介します。

3代目Vクラスは心のままの自由なライフスタイルを実現する人のためのミニバンで、その根底にはメルセデスの研究開発の歴史が生んだ世界最高水準の安全性能があります。

メルセデスならではの走行性能でどんな道でも運転のしやすさを体感できるのも魅力の一つです。そんな3代目Vクラスにはどのようなシートアレンジがあるのでしょうか。

Chapter
メルセデスベンツ 3代目Vクラスのフロントシートのシートアレンジは?
メルセデスベンツ 3代目Vクラスリアシートのシートアレンジは?
リアシートのシートアレンジでラゲッジルームが拡大できる!

メルセデスベンツ 3代目Vクラスのフロントシートのシートアレンジは?

メルセデスベンツ 3代目Vクラスのインテリア(内装)は心地よさと洗練されたデザインが高次元で融合しており、メルセデスが長年研究してきた人間工学が注がれたシートで長距離移動でも疲れにくいインテリアを実現しています。

そんな3代目Vクラスのフロントシート(前席)にはメモリー付パワーシート、電動ランバーサポートが備わっています。

メモリー付パワーシートではシートの高さや前後調整などを乗車する人一人一人に合わせたものに調整でき、メモリー機能により、よく使う設定を記憶させることが可能です。電動ランバーサポートではシートの腰部を細かく調整することができ、シート着座時の安定化と疲労軽減に大きく貢献します。

また、フロントシートにはシートヒーターやアームレストも備わっており、快適な空間を実現しています。シートヒーターは天候や気温に合わせて3段階の暖かさが選択でき、寒い時期の快適性高めます。

メルセデスベンツ 3代目Vクラスリアシートのシートアレンジは?

メルセデスベンツ 3代目Vクラスリアシート(後席)はオプションでエクスクルーシブシートが選択可能で、エクスクルーシブシートにはリクライニング機能やヘッドレストクッション、オットマンが備わっており、極上のくつろぎを提供します。

オットマンは座面の下からせり出す作りとなっており、足を伸ばしたいときに使うことができます。エクスクルーシビスートにはシートヒーターやシートベンチレーターも備わっており、ファーストクラスのような移動空間となっています。

さらに、2列目シートは反転させることが可能となっており、3列目シートと向かい合わせることができます。この他にも2列目シートは折りたたんでテーブルとしても利用することができます。

このように、3代目Vクラスのリアシートは多彩なシートアレンジが可能となっています。

<次のページに続く>
次ページ
リアシートのシートアレンジでラゲッジルームが拡大できる!

吉田 恒道

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道