メルセデスベンツ 3代目Vクラス(447811C/447815C型)の荷室の広さはどれくらい?

メルセデスベンツ 3代目Vクラス

今回はメルセデスベンツ 3代目Vクラス(447811C/447815C型)のラゲッジルーム(荷室)の広さについて紹介します。

3代目Vクラスはメルセデスの研究開発の歴史が生んだ安全性能、走行性能が詰め込まれたメルセデスベンツのミニバン車で、メルセデスらしい上品で高級感のある室内も魅力になっています。

そんな3代目Vクラスのラゲッジルームの広さはどうなっているのでしょうか。

Chapter
メルセデスベンツ 3代目Vクラスのラゲッジルームの広さは?
メルセデスベンツ3代目 Vクラスのラゲッジルームは拡大できる!
メルセデスベンツ 3代目Vクラスのラゲッジルームには充実の機能が!

メルセデスベンツ 3代目Vクラスのラゲッジルームの広さは?

メルセデスベンツ 3代目Vクラスには「V220 d AVANTGARDE」「V220 d AVANTGARDE long」「V220 d AVANTGARDE Extra-long」という3つのグレードがありますが、3つのグレードはそれぞれ全長が異なっており、ラゲッジルームの容量も異なります。

それぞれのラゲッジルームの容量を確認すると、「V220d AVANTGARDE」が720L、「V220d AVANTGARDE long」が1,030L、「V220d AVANTGARDE Extra-long」が1,430Lとなっており、かなり大容量であることがわかります。

720Lの容量を誇る標準ボディの「V220d AVANTGARDE」はスポーツバッグなどをゆとりを持って積み込めます。ロングボディの「V220d AVANTGARDE long」ではゴルフバッグ4セットを立てた状態で積み込めます。

最長ボディの「V220d AVANTGARDE Extra-long」は奥行きにもゆとりがあり、ゴルフバッグ4セットを寝かせた状態で積み込むことが可能です。

メルセデスベンツ3代目 Vクラスのラゲッジルームは拡大できる!

メルセデスベンツ 3代目Vクラスのラゲッジルームは通常時でも大容量であることがわかりましたが、Vクラスのラゲッジルームはシートアレンジによりさらに拡大することが可能です。

3代目Vクラスのリアシート(後席)にはスライド、バックレストの前倒し、シートの反転、脱着といった機能が備わっています。これらの機能を使うことで用途に合わせた多彩なシートアレンジができ、ラゲッジルームの拡大が可能です。

リアシートの脱着機能を使うことで2列目、3列目シートを取り外せます。リアシートを取り外すことで、「V220d AVANTGARDE」は4,500L、「V220d AVANTGARDE long」は5,000L、「V220d AVANTGARDE Extra-long」は5,500Lまでラゲッジルームが拡大します。

これだけの容量があれば積み込めないものを探す方が難しいでしょう。

この他にも3列目シートを取り外したり、リアシートのスライド機能を使って2列目シートを取り外して3列目シートを前方にスライドさせたりすることで、リアシートに人を載せた状態でラゲッジルームを拡大できます。

メルセデスベンツ 3代目Vクラスのラゲッジルームには充実の機能が!

メルセデスベンツ 3代目Vクラスのラゲッジルームは多彩なシートアレンジにより、使い勝手の良いものとなっていますが、そのラゲッジルームを最大限活用するための充実の機能が備わっていることが特徴です。

テールゲートにはEASY-PACK自動開閉テールゲートが採用されています。エレクトロニックキーでテールゲートを電動で開閉でき、閉める際にはテールゲート部のスイッチを押すだけでも簡単に閉められます。

テールゲートはスイッチ操作で好きな角度で止めることができ、開く高さのメモリー機能も備わっているため、天井の低い駐車スペースなどでも安心してテールゲートの開閉ができます。

また、テールゲート上部のウィンドウ部分には、リアワイパー取付部のボタンを押すだけで開閉できる機能を装備しています。通常の積み下ろしにも十分な大きな開口部を確保しており、テールゲートを開くことができない場所での荷物の積み下ろしを可能にします。

この機能のためリアウィンドウは大きくなっており、後方視界の確保も抜群です。

今回はメルセデスベンツ 3代目Vクラスのラゲッジルームの広さについて紹介しました。

3代目Vクラスのラゲッジルームは高い積載力を備えているだけでなく、シートアレンジにより拡大できることがわかりました。

テールゲートには積み下ろしに便利な機能が備わっており、どんな場所でも安心して荷物の積み下ろしが可能です。

抜群の使い勝手を誇るラゲッジルームを備えた3代目Vクラス。気になる方はぜひ実際に触れてみてその使い勝手の良さを体感してみてください。

※ 2021年1月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道