初代から現行5代目まで今買うべきアルトワークスはどれ?

アルトワークス(初代)

軽ホットハッチの代名詞として一世を風靡し、現在まで続く軽自動車64馬力自主規制も作ったスズキ アルトワークス。最近は「いま、マニュアルに乗る」のキャッチコピーと共に5代目が復活していますが、歴代モデルの中で”今買うべき”なおすすめモデルはどれでしょう?

Chapter
初代 CA72V / CC72V
2代目 CL / CM系(550cc)・CN / CP /CR /CS系(660cc)
3代目 HA / HB21S(RS系、R)・HA /HB11S(ie系)
4代目 HA / HB22S(RS系)・HA / HB12S(ie系)
5代目 HA36S
どれを買うべき?

初代 CA72V / CC72V

スズキ アルトワークスが誕生したのは、まだ軽自動車が550cc時代の1987年2月。

F5A型550cc水冷直列3気筒DOHC4バルブインタークーラーターボEPIエンジンという、いわば「全部載せエンジン」を軽自動車で初めて実現したのです。1985年登場のダイハツ L70V ミラTR-XXが50馬力を叩き出したことに対抗し、一気に突き放す64馬力を発揮。普通車の280馬力規制より1足早く64馬力自主規制を作った、歴史的なモデルでした。

なお、CA72VがFFで、CC72Vが4WDです。

2代目 CL / CM系(550cc)・CN / CP /CR /CS系(660cc)

丸目2灯ヘッドライトで「これぞアルトワークス」というデザインを確立したのが2代目です。

550cc時代末期にデビューし、1990年3月にはボディはそのまま、前後バンパーの拡大と660ccエンジンへの換装で新規格(今の視点からは旧規格)に対応、途中のマイナーチェンジでリアがディスクブレーキになりました。この代からSOHCターボ搭載モデル「ワークスie」(550cc時代はワークスS)が登場しましたが、4バルブDOHCと同じエンジン型式(F6A。550cc時代はF5B)で車体の型式も変わらないため、購入時には注意が必要です。

ただし、地域限定で販売された、ターボですら無い「ワークスi」は見つけたら逆にレアかも?バブル景気真っ盛りの頃にはワンメイクレースも開催され、ダートトライアルやラリーではライバルと激しい戦いを繰り広げ、競技用4WDベースモデル「ワークスR」も初登場しています。

<次のページに続く>
次ページ
3代目 HA / HB21S(RS系、R)・HA /HB11S(ie系)