陸サーファー、吹かしてキーオフ、毒キノコ…何個知ってる?昭和の車用語

リトラクタブルヘッドライト

平成の今、若者の車離れなんてものが叫ばれていますが、昭和は車好きの全盛期! 車に関わる数々の用語や流行が生まれました。 そのうちのいくつかを今回はピックアップ! 昭和生まれのあなたはあの時を懐かしみ、平成生まれのあなたはこれを読んで昭和を想像してみてください!

Chapter
陸サーファー
通称「毒キノコ」と呼ばれたエアクリーナー
吹かしてキーオフ
シールドビーム
スーパーカーブーム
カーコンボ

陸サーファー

昭和に大ブームが到来したサーフィン。若い頃挑戦した方も多いのではないでしょうか。

しかし当時は、サーフィンを楽しみたいというよりも、ファッションの一部として取り入れる若者が多くいました。

それが陸サーファー。彼らはサーフボードを車のルーフに乗せ、渋谷の駅前を走ったり海に行ってナンパしたりしていました。

陸サーファーが特に好んだのは赤のマツダ ファミリアです。1980年に発売された5代目ファミリアは、月間販売ランキングで何度も1位になるほどの爆発的大ヒットを飛ばしました。

通称「毒キノコ」と呼ばれたエアクリーナー

通常、箱形のボックスなどに収められているエアクリーナーをエンジンルーム内に剥き出しにしたタイプです。

その形状と、フィルターの派手な色合いから、「毒キノコ」と呼ばれるようになりました。

現在でもアフターメーカーから販売されており、世代を超えて知られたパーツの一つと言えそうです。

<次のページに続く>
次ページ
吹かしてキーオフ
商品詳細