【徹底解説】三角窓って?なぜ無くなっていったの?その理由とは

現代のクルマから姿を消したものとして挙げられるものは数多ありますが、三角窓もそのうちのひとつではないでしょうか。フロントドアガラスの前方に備えられクルリと回転して開閉する三角窓。なぜ三角窓は無くなっていったのでしょうか。その理由を探ってみます。

Chapter
さわやかな走行風をもたらす三角窓
理由その1:エアコンの普及と気候変化
理由その2:コスト
理由その3:外観デザイン
思い出の三角窓

さわやかな走行風をもたらす三角窓

かろうじて筆者(40歳代)は三角窓を経験している世代です。とはいっても子供の頃に助手席で、という経験になります。筆者の体験はハコスカ(ふつうの2000GT)でした。おもむろに三角窓を回転させるとさわやかな走行風が車内に吹き込む心地よさを覚えています。

にわかにオープンエア感覚をもたらす三角窓とハコスカの記憶は鮮明です。風に当たりながらのドライブはそれだけでもスポーティな感じがして楽しい記憶だったように思います。夏でしたがクーラーは回していませんでした。

ジャーナリストの三本和彦さんがご自身の番組「新車情報」でさかんに「三角窓を復活させてほしい」とメーカーの開発者に訴えていましたが、その気持ちも良くわかるというものです。何よりさわやかで心地よく、換気にも役立ってくれる三角窓。

これはご存知フォルクスワーゲンビートル。1970年代までは三角窓を備えたクルマがたくさんありました。窓を開けて走る、風に当たりながら走る気持ちよさを味わえた時代です。

しかしそんな気持ちよさをかなぐり捨ててしまった、その理由とは一体どこにあるのでしょうか。

時代とともに三角窓は姿を消していきました。

空冷ビートルエアコン無しでも涼しい三角窓

理由その1:エアコンの普及と気候変化

Käfer ビートル 1938

自動車に求められる要素、要求は年々高度なものになって行きます。1980年代に入ると自動車はより贅沢志向、快適志向の度を深めていきました。そんななかでカーエアコンというのはクルマを快適に乗りこなすための必需品となっていった観があります。

エアコンによる完全な冷暖房と換気機能をもって、たとえば窓を開けて風を入れるという機会はなくなる方向になって行きます。必然的に三角窓の必要性も無くなっていったというわけですよね。

また、地球温暖化や湿度の上昇などの気候変化、加えて大気汚染なども加わって、積極的に外気に触れようという気持ちにさせない事情もありました。エアコンの普及はそんな環境事情ともリンクしていて、三角窓の淘汰を早めた観があります。

理由その2:コスト

トヨタ ヴィッツ

ご覧の現行型ヴィッツにも三角窓はありますが、これは開閉できません。ほかにもミニバンタイプの車種で多く見られます。小さくても開閉できれば役立ってくれそうなものですが、やはりそうはならない理由はあるはずで、ここで考えられるのは「コスト」の面です。

ヴィッツのようなケースで開閉できない三角窓が備わるのは上下開閉できるドアガラスの面積を制限するためという理由があります。ドア内部のガラスを格納するスペースの問題やガラス自体の重さがパワーウインドウ機構に与える負担を軽減するため、という目的もあります。いわば開閉できない三角窓はなにもそうしたくて備わっているわけではなさそうです。

またそうした副次的な理由の三角窓ですから、積極的にコストをかけて回転式開閉機能を昔のように与えるという考えにも至らないのでしょう。

理由その3:外観デザイン

自動車は年々デザイン性が高まっています。スタイリングの美しさを重視するあまり元々あった機能的な部分が後退していくという現象は各部で見られるわけですが、三角窓もそのひとつに数えていいのではないでしょうか。

俗にフラッシュサーフェースなどと呼んだりしますが、車体の表面に段差を作らないように設計し、空力性能や見た目のよさを重視するという考え方。三角窓のようなものを取り付けるとどうしてもその開閉機構で凸凹ができます。これを嫌うという面があるということでしょう。

考え方、作り方によってはフラッシュサーフェースと三角窓の機能を両立させることもできるのでしょうが、先に記しましたエアコンの普及やコストの問題とも絡んで、必要性を感じなくなった、というのが正直なところなのでしょう。

また、比較的容易に開閉できる三角窓は盗難や車上荒らしが横行する原因という説もあって、そんな防犯面からの要求も少なからずあります。

思い出の三角窓

2019 トヨペットクラウン

三角窓は思い出の装備になりました。エアコンは確かに快適ですし、コストも大事、またデザイン面も軽視できません。三角窓がなくなってもドアバイザーなどを装備しておけば換気も容易にできるというわけです。

時代が変わったといってしまえばそれまでですが、あの手軽な操作でさわやかな風を取り込める三角窓を懐かしむ声は少なくないようです。開閉できる三角窓の復活はあるのでしょうか。復活すればまた新鮮な気持ちで使うことができそうな気がするのですが、いかがでしょうか。