いまさらですが、ボクスター981と718って何が変わったんですか?

ポルシェが販売するオープンモデル「ボクスター」。先代モデルの981型は2012年に登場し、わずか4年で718型が登場しました。海外メーカーとしては短期間でのモデルチェンジでした。デザイン的にもほとんど変わらなかったこともあり、981型と718型の区別は、好きな人でなければ難しいかもしれません。981型から718型へ、一体何が変わったのでしょうか?
=========================================
いつもCarMeをご覧いただき誠にありがとうございます。
一部記事の内容に誤りがありました。
読者の皆様ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
(2017年4月10日)

Chapter
ボクスターとは?
モデルチェンジで何が変わった?
エンジンスペックの違い

ボクスターとは?

ポルシェ 718 ボクスターS 2016

ボルシェ ボクスターは、ソフトトップを持つオープンタイプのスポーツカーです。名前の由来は、"ボクサーエンジン"と"スピードスター"の造語です。

初代モデルが登場したのは1996年。フロントエンジン+トランスアクスルという凝ったレイアウトを持つ968の後継として、ポルシェのエントリーモデルとして世に送り出されました。その歴史は約20年とまだまだ浅いモデルですが、安定した人気でポルシェ社のなかでも重要な役割を担っています。

ちなみに同じエンジンを搭載するケイマンは、このボクスターをベースに開発したクーペモデルです。

ボクスター系の駆動方式はMRで、スポーツカーの素性という観点からは、RRの911よりもボクスター系のほうが有利なのです。

ボクスター 981

ボクスター 718

次ページ
モデルチェンジで何が変わった?