ABSの警告灯はどんな時に点灯するの?

現在では、ほとんどの車に標準装備されているABS=Antilock Brake System(アンチロック・ブレーキシステム)。このABSは、どんな機構で、どんな時に役に立つのでしょうか。また、ABS警告灯はどんな時に点灯するのでしょう?

=======================================
いつもCarMeをご覧いただき誠にありがとうございます。
一部記事の内容に誤りがありました。
読者の皆様ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
(2017年3月22日)

Chapter
ABSとは?
ABSがちゃんと使える人は意外に少ない?
どんな時にABS警告灯が点灯するの?

ABSとは?

ABS警告灯

ABSの”A”は、アンチロックを意味しており、ブレーキをロックさせないという機構です。

緊急ブレーキ時にタイヤがロックした場合、ドライバーがブレーキを踏んだままでも自動的にブレーキの解除・作動を繰り返すことで、タイヤロックによる滑走を防ぎます。これにより、クルマの操縦安定性を保ち、ハンドル操作も可能にする装置のことです。

急ブレーキを踏んでもロックしないので、タイヤはグリップ力を失うことがなく、ハンドル操作による危険回避が可能になることに加え、クルマの姿勢を安定させ、制動力を回復させたり、横滑りを防止するなどの効果も期待できます。

次ページ
ABSがちゃんと使える人は意外に少ない?