安全のための「半ドア」機能…なぜドアをしめるのに力が必要なのか?

乗り降りの際によくやってしまうのが「半ドア」。そのまま走り出すと、警告で気付く事になります。しかし完全にロックする為にはもう一度停車し、ドアを開けて思い切り閉めなければなりません。これはなぜなのでしょうか?

Chapter
なぜ「半ドア」状態があるのか?
安全装備としての「半ドア」
なぜドアをしめるのに力が必要なのか?
ドアだけじゃない、「半ドア」
半ドアのまま放置すると…

なぜ「半ドア」状態があるのか?

車 ドア ドアパンチ

走り出すと、ドアの警告灯が…なんて経験よくあるのではないでしょうか。この半ドアの状態になると、もう一度ドアの開閉を作業をしてロックする必要がありますよね。少し面倒、なんて思う事もあるかもしれませんが、この半ドアの状態でもすぐに「ドアが開く」という事はありません。

この中途半端に閉まってしまう「半ドア」、意図して作られた機能なのです。

安全装備としての「半ドア」

半ドアは、ドアが完全には閉まっていない状態であり、目視でもわかりますよね。しかし前述のように、すぐにドアが開かない状態になっています。ご存じのように、これは「安全性確保」の為の機構といえます。

ドアを完全にロックするにはある程度力が必要です。しかし充分な力でドアを閉めず、そのまま走り出すケースは非常に多いといえますが、もしそのままドアが開いてしまえば、これは重大な事故に繋がります。ですので、完全に閉まらなかった状態でも(それを想定して)ドアにフックがかかる構造とし、一次ロックをさせています。

また最近のスライドドアの車種には「オートクロージャー」機能で、軽い力でも電磁ロックできるようなものも普及してきていますね。

次ページ
なぜドアをしめるのに力が必要なのか?