煽られて急ブレーキ。後続車に追突されたら、どちらが悪いのか?

追突事故

後方からやたらと煽ってくる車がいる!急ブレーキをかけたら、驚いて離れるかな?…と試してみたら、そのまま追突されてしまった!このようなケースでは、どちらが悪いことになるのでしょうか?

Chapter
追突事故の過失割合、基本は「10:0」だが?
走行中の急ブレーキの過失は、理由によりけり!?
正常な運転で緊急回避ならば急ブレーキの過失はゼロ
不用意なブレーキや違法な運転時は被害者の過失も…

追突事故の過失割合、基本は「10:0」だが?

交通事故にあって、保険会社にお世話になったドライバーなら、事故の過失割合について耳にしたことがあると思います。

どちらかが一方的に過失となるときもあれば、双方に責任が発生して、その責任を割合で評価するときもあります。

信号待ちや一時停止線で停車しているクルマに追突した場合、被害者側は規則通りに停車しているだけですから、責任は生じません。加害者側の過失割合がほぼ100%になります。渋滞の最後尾で停止しているときも同様ですね。

ただし同じ停車中でも、危険な場所や駐停車禁止区域に路上駐車していた場合、あるいは故障で停車中に発煙筒や三角表示板など、後続車に知らせるための措置を十分に取らなかった場合などは、被害者側にも責任が生じることがあります。

以上は、停車中に追突されたケースですが、それでは走行中の追突事故はどうなるのでしょう?

走行中の急ブレーキの過失は、理由によりけり!?

まず走行中に、極端な速度差のある状態で追突した場合。つまり50km/hで走っていた前走車に、後続車が90km/hで衝突するようなケース。これは「後続車の前方不注意」および「車間距離の保持義務違反」という過失になります。

道路交通においては、基本的に後続車が前走車を回避できるよう、常に前走車に注意を払い、車間距離を保つ義務があります。

前走車のドライバーが、後続車が迫ってきたことに気付いて、なんらかの方法で回避する余裕があればいいのですが、速度差があまりにもある場合は回避の結果、他車に衝突する危険性もありますし、そもそも片側1車線道路では回避するスペースはほぼ皆無でしょう。

そこで上記のような場合は、後続車の過失が100%となるのですが、事故後の警察による現場検証では、前走車のブレーキ痕を確認します。

後続車の追突が、前走車が急ブレーキをかけた結果だと判明した場合には、加害者と被害者が逆転する可能性があります。

保険会社の対応も同様で、急ブレーキの結果として追突事故が起きた場合には、後続車が100%の加害者とは限りませんから、なぜ急ブレーキをかけたか、原因を徹底的に追求します。

それが保険会社の支払う保険金にも影響してくるからです。

<次のページに続く>
次ページ
正常な運転で緊急回避ならば急ブレーキの過失はゼロ