BMW Z4の走行スペックや燃費・中古価格|独立したオープンカーモデル

無題

現在、BMWには2、4、6シリーズのカブリオレとZ4の合計4車種のオープンカーをラインナップしていますが、Z4はどのシリーズにも属することなく「Z4」として独立したモデルとなっています。

現在2代目となるZ4シリーズは、BMWロードスター初のリトラクタブル・ハードトップモデルとして、オープンカーとクーペの二つのドライビングを高次元で楽しめる車として人気を集めています。

Z4シリーズ中古価格

そんな初代Z4もデビューから10年以上経過し、現在は2代目となる現行Z4(E89 2009年4月~)が中心となりました。そのため、初代Z4は価格的に魅力あふれる中古車が多数流通しています。ここでは最新の中古車事情を見ていきましょう。

大手中古車情報誌によりますと、Z4の中古車の平均年式(初度登録)は2007年で、平均走行距離は468,940km。だいたい、1年間の走行距離は約5,000kmです。Z4は通勤などに使う人が少なめで趣味性の高い車といえますので、一般的な日本人の自動車走行距離の約半分に収まっており、全般的に走行距離は少なめです。

また、全体の中古価格平均は208.2万円と出ていますが、初代Z4に限れば100万円台半ばが平均的な中古価格かと思われます。ただし、購入の際に保証付きの中古車を選んだ方が賢明です。有料だったとしても付けた方が安心ですよ。

  初代モデル 現行モデル
最低価格 45万円 207.8万円
最高価格 229.5万円 548万円
平均価格 208.2万円  
※価格は車両本体価格、2016年8月時点


それでは、正規輸入ディーラーが100項目以上の納車前点検を行い、新車同様の保証(6か月〜2年間)付で販売される認定中古車はどうでしょうか?

BMWジャパンの公式サイトから認定中古車の検索が可能です。

検索すると、32台の中古Z4がヒットしました。保証付きで販売される認定中古車でも100万円台前半の中古車も多く、お手頃感がありますね。認定中古車なら多少古くても、整備や部品交換を十分過ぎるほど行っているので安心度も高いと思います。

【最高価格】
Z4 sDrive35is 4,988,000円
走行距離 11,000km
初度登録年月 2014年11月
車検有効期限 2017年11月

【最低価格】
Z4 Roadster 3.0i  1,188,000円
走行距離 47,000km
初度登録年月 2003年07月
車検有効期限 車検整備付(2年)

なお、"車検整備付"とはその中古車を購入することが決まってから、車検整備を行うということです。つまり、購入した車には丸2年間の車検有効期間が与えられることを意味しています。

商品詳細