BMW Z4の走行スペックや燃費・中古価格|独立したオープンカーモデル

無題

現在、BMWには2、4、6シリーズのカブリオレとZ4の合計4車種のオープンカーをラインナップしていますが、Z4はどのシリーズにも属することなく「Z4」として独立したモデルとなっています。

現在2代目となるZ4シリーズは、BMWロードスター初のリトラクタブル・ハードトップモデルとして、オープンカーとクーペの二つのドライビングを高次元で楽しめる車として人気を集めています。

Chapter
BMW Z4シリーズ
初代 Z4シリーズ(E85/86型)
2代目Z4シリーズ(E89型)
現行Z4シリーズのエクステリア・内装
Z4シリーズの走行スペック
Z4シリーズの燃費・維持費
Z4シリーズの安全装備
Z4シリーズの快適性・機能性
Z4シリーズ中古価格

BMW Z4シリーズ

初代Z4はマツダ・ミアータ(日本名ユーノス・ロードスター)が火付け役となった世界的なライトウェイト2シーターオープンカーブームに乗って登場したBMW Z3の生産終了後、跡を継ぐ形で2003年1月に日本デビューを飾りました。

初代Z4(E85/86→ E85はロードスター、E86はクーペのモデルコード)は2003年に登場し、2006年にはZ4クーペ(E86)が追加されています。ただし、Z3の後継というものの実際はZ4とZ3は同じ時期に開発されておりZ4はZ3の上級モデルという位置づけです。

ボディサイズも初代Z4(E85/86)はZ3の全長+40mm、全幅+40mm、全高+5mmと拡大されており搭載エンジンの排気量アップともにワンランク上のモデルとなっています。

そして現行モデルは2009年にデビューした2代目Z4(E89)になります。2代目からは初代にラインナップしていたクーペモデルは廃止。

2代目ではBMWロードスター初のリトラクタブル・ハードトップを採用し、ボタン一つでルーフを開ければ、爽快なオープンエア・ドライビングが楽しめ、ハードトップを閉めればプレミアム・セグメントにおけるクーペならではのドライビングも楽しめるようになりました。

つまり、1台のZ4で、ロードスターとクーペの二つを簡単な操作で、さらに快適にドライブできるようになったというわけです。

初代 Z4シリーズ(E85/86型)

初代Z4は2002年のパリサロンでデビューしました。ロングノーズ、ショートデッキ(ボンネットが長く、キャビンが後方にある)のロードスターらしいスタイルはZ3から引き継がれていますが、ボディサイズは拡大し、アメリカ人デザイナーのクリス・バングル氏の手によってさらにアグレッシブなスタイルに進化しています。

約50:50という前後の重量バランスやFR(後輪駆動)というロードスターとしてのBMWらしいこだわりは継承されています。

日本での販売は2003年1月からで、グレードは2.5i(手動幌)と3.0i(電動幌)の2種のみ。当初はいずれも直6エンジンを搭載していましたが、その後に直4 2.0Lエンジンが追加され、2006年のマイナーチェンジでは「Z4 クーペ 3.0si」が追加されました。

このときからオープンモデルは「Z4 ロードスター 3.0si」、「Z4 ロードスター 2.5i」との呼び名が与えられ全車電動オープンとなりました。

初代Z4のデザインは現在でも大変評価が高く、デビューからすでに14年近く経過しているにもかかわらず、いまだに色あせない独創的なデザインはいつ見ても斬新な印象を受けます。低重心でロングホイールベースなパッケージングが生み出す安定した走りはプレミアムセグメントらしいものです。

<次のページに続く>
次ページ
2代目Z4シリーズ(E89型)
商品詳細