エンジンルームからのキュルキュル音…その原因と対処法は?

無題

快調だったはずの車のエンジンをかけると、「キュルキュルキュル」と異音がするようになる…故障かと慌てる人もいるかと思いますが、大抵はボンネットを開けて、音が鳴っているのを確認するだけで、どうにもなりません。ここでは音の原因と、対処法を紹介します。

Chapter
まずなにが鳴っているかを判別しましょう
ファンベルトとは
鳴く理由その1「ゴムの劣化」
鳴く理由その2「張力の不足」
鳴く理由その3「機械の不具合や故障」
点検して、鳴くようなベルトを見分けよう
考えられる対策

まずなにが鳴っているかを判別しましょう

まず最初に考えのは、「いつ鳴っているか?」です。エンジンがかかっていてクルマが停止している状態であれば、タイヤなど走行中にしか動かない部分はまず関係ありません。そのうえで「キュルキュル」とこすれているような音であれば、どこかのゴムベルトです。

車のエンジン内部にあり、クランクの回転によってカムシャフトを駆動させるタイミングベルトというゴムベルトがありますが(※金属製のタイミングチェーンを使ったエンジンも多いです)、タイミングベルトはその構造上、滑ってしまうような設計は嫌います。

もしタイミングベルトからの場合には、別な異常音がして場合によってはエンジンが正常に動きません。エンジンが正常に動いているようであれば、キュルキュル音の正体は「ファンベルト」かもしれません。

ファンベルトとは

エンジンフード(大抵はフロントのボンネットですが、車によりけり)を開けた時に、目に見えるところで高速回転しているのベルトがあります。その中で、基本的にはエンジンを冷やすラジエターのファンを回すため、エンジンからの力を伝えるベルトを「ファンベルト」と言います。

他にはオルタネーター(発電機)やパワステ、エアコンなどを駆動するためのベルトもありますが、エンジンによって1本ですべてを賄ったり、あるいは複数のベルトで別々に駆動することもあり、それぞれ「パワーステアリングベルト」「オルタネータベルト」「エアコンベルト」などとも呼ばれます。

それらすべての駆動を1本で共用するものは「ファンベルト」と総称することがあります。

共通しているのは、プーリーと呼ばれる輪っかにテンション(張り)をかけてひっかけているだけなので、どれも滑る時は滑るということです。キュルキュルと鳴く理由としては、おもに3つあります。

<次のページに続く>
次ページ
鳴く理由その1「ゴムの劣化」