勝負になるはずが…最新のボクスターに挑むNBロードスター!その結果は?

スポーツカーの王道、ポルシェと、「あの日本車…の中古車!」が対決するという事で話題になった英国の自動車マガジン「Auto Express」の企画。「最高のポルシェは最新のポルシェ」とも言いますが、その最高のポルシェと対決した「あの日本の中古車」の結果やいかに?
※2015年11月25日時点の情報です


Chapter
挑まれるポルシェは最新のボクスター!
挑むは日本が誇る…NB6Cロードスター
なんと加速はほぼ同等!
ラップタイム勝負はロードスターが苦戦するも…?

挑まれるポルシェは最新のボクスター!

ポルシェ981 ボクスター

まず対戦を受けるのはポルシェのオープンスポーツ最新モデル、981型の「ボクスター」!265馬力の水平対向6気筒2.7リッターエンジンをミッドシップに搭載した正統派スポーツカーです。

315馬力の3.4Lターボを搭載した「ボクスターS」ほどでは無いものの、これに中古の日本車で対抗するには、相当のマシンが必要です。さて、この4万ポンド(約729万円)のボクスターに対決するのはポルシェ911のライバルたるGT-Rでしょうか。それともランエボやインプレッサ?

挑むは日本が誇る…NB6Cロードスター

さて対するは…なんとマツダ・ロードスター!それも2代目のNB型です。1998年から2005年まで販売していたので、この対決があった2014年当時で、一番新しいNBでも9年オチという事になりますが、動画の説明を見ると16年オチとありますから、1998年の初期モデルという事になります。

オープンカーの16年オチですから、もうあちこちくたびれているとは思いますが、一応カタログスペックを紹介しますと、1600ccで125馬力、1800ccで145馬力、1800ccターボでも172馬力です。動画では113馬力と紹介してますので、1600ccのNB6Cでしょう。価格の方は中古車店で1000ポンド(18万)。

これにスーパーチャージャーを装着して196馬力にチューンアップし、足回りやボディ補強も行ったとはいえ、チューニング代を合わせてもわずか4976ポンド(約90万円)と、ボクスターの8分の1に過ぎません。無謀な挑戦のように見えますが、その結末は…。

次ページ
新車対16年落ちチューニングカー対決の、驚きの結果!