BMW 5シリーズのモデルチェンジの全容|5シリーズの歴史と中古価格まとめ

BMWのミドルクラスを担う5シリーズ。

日本の輸入車界ではメルセデス•ベンツ Eクラスと並びポピュラーな車種です。このBMW 5シリーズの概要や搭載エンジン、中古車価格帯、新型情報についてご紹介していきます。

BMW 5シリーズF10型のグレード比較!

5シリーズ

F10型モデルにはBMW523i、523d、528i、535i、550iといった各種グレードが設定されています。これは主に排気量やエンジン馬力•トルクなどの差から分かれています。

523i
最近のBMWに例に漏れず下二桁=排気量の頭二桁とはならず、直列4気筒DOHC1,997ccターボエンジンを搭載。最高出力•最大トルクはそれぞれ184ps•270Nmを発揮します。

523d
BMW5シリーズの正規輸入モデルとしては初めて設定されたディーゼルエンジンモデルです。直列4気筒DOHC1,995ccのターボディーゼルエンジンを搭載。最高出力•最大トルクはそれぞれ184ps/380Nmを発します。

528i
523iと同様、直列4気筒DOHC1,997ccターボエンジンを搭載。ただし、最高出力•最大トルクはそれぞれ245ps•350Nmに向上しています。

535i
直列4気筒ではなく直列6気筒DOHC2,979ccターボエンジンを搭載。最高出力•最大トルクはそれぞれ306ps•400Nmを発揮します。

550i
トップモデルということもあり一気に排気量が大きくなります。V型8気筒DOHC4,394ccターボエンジンを搭載。最高出力•最大トルクはそれぞれ450ps•650Nmを発揮します。

BMW 5シリーズの内装はスポーティとラグジュアリーの選択が可能!

BMW5シリーズの内装•インテリアデザインは他のモデル同様、極めて機能的にまとめられています。

特に先代からiDriveが装備されたことで、その印象はガラリと変わりました。また、組み合わせによっては黒ベースのスポーティなものから、ベージュとウッドパネルを基調としたラグジュアリーなものまでさまざまなタイプの内装•インテリアデザインを好みに応じて選択できます。

こうした組み合わせは、3代目5シリーズから明確に「スポーティ」「ラグジュアリー」を分けた内装および外装をオプションパッケージ等で選べるようになりました。さすがはスポーツを売りにするBMWですね。

BMW 5シリーズの中古価格

BMW5シリーズの中古価格は年代やモデルによっても大きく異なります。

◼︎F10型モデル
F10型モデルは、新車価格帯が599〜1,230万円であるのに対し、中古車価格帯は約300万円となっています。登場から約5年が経過したこともあり新車価格の半額以下の個体も多くなってきているようです。

また、一般的に言われていることですが、モデルチェンジ後は中古価格が下がる傾向にあります。今まで5シリーズの購入を検討していた方は狙い目かもしれませんね。

◼︎E60型
先代モデル(E60型)の中古車価格帯はグッと下がり、安い個体だとなんと50万円以下も存在します。初期モデルでは登場から既に10年近く経っていることを考えると、この価格も納得ですね。

ただし、iDriveが搭載され、現在も日本の公道では多く見かけることから、そこまでの「古臭さ」は感じられません。程度の良い個体であれば購入するのは大いに「アリ」と言えます。

◼︎E39型
先々代のE39型モデルの中古車価格帯は更に安くなり、ついには20万円を切る個体も出てきます。

ただし、初期モデルだと約20年も前のものとなるため、整備がきちんと施された個体でないと故障が頻発する可能性があります。その上、程度の良い個体でも50~70万円で販売されているケースがほとんどなので、余裕あるユーザーはこうした個体を選択するのが無難でしょう。

◼︎E34型
更に前のE34型になると既に現存する個体があまり多くないため、個体によってその価格差はバラバラ。バブルの頃にあれだけ販売されたことを考えるとその個体数の少なさは信じられませんが、登場から約28年と考えるとやむを得ないかもしれません。


ちなみに、同世代のメルセス・ベンツのミディアムクラスはそれなりの個体数が市場に流通していますので、条件に合うE34型が見つからなかった場合、こちらを選択肢に加えるのもアリかもしれません。


ついに登場!ビジネスアスリートたちへ送るニューBMW5シリーズ
5シリーズのライバルは?メルセデスベンツEクラス、アウディA6、レクサスGSと比較!