BMWやベンツのドアは重い?ドイツ車のドアが重い理由とは?

世界的に注目度の高いドイツ車ですが、一度でも乗ったことがある方は、ドアの重さが日本車とだいぶ違うことに気づいたのではないでしょうか。今回は「ドア」の視点でドイツ車をご紹介します。

Chapter
ドアが重くなる要因は?
なぜドイツ車のドアは重いのか?
最近の日本車も負けてない?
最後に

ドアが重くなる要因は?

メルセデス Sクラス クーペ

ドアが重くなる要因はいろいろあると思いますが、下記あたりが大きな要因ではないでしょうか?

・ドアのサイズや厚さ
・外板やフレーム等の素材の重さ
・衝突安全性への対応

ドアのサイズは、セダン、クーペ、SUV等で変わってきますね。厚さも、車種によってだいぶ異なります。日本の軽自動車のように、限られたサイズの中で、いろいろな要件を実現するために、サイズも厚さもかなり制限がありそうです。一方で、メルセデスのSクーペや、BMW7シリーズあたりは、びっくりするくらい大きい!

外板やフレーム等の素材は、最新の素材を使えば、軽くなりますが、重要なのは衝突時の変形と強度です。

衝突安全性への対応は、基本的には国際的な安全基準を満たせばよいことになりますが、各メーカーではそれぞれに安全基準を設け、クルマを設計しています。

たとえば、JNCAP(独立行政法人 自動車事故対策機構)の衝突安全試験、側面衝突では、質量950kgの台車を時速55kmで衝突させますが、速度が2倍になれば、衝突の衝撃は4倍になるので、相応の安全性能が求められます。

なぜドイツ車のドアは重いのか?

ドイツ車のドアが重い要因は、メーカーがターゲットにしている速度域が高いことが一番ではないかと思います。

しかし、衝突安全性のテストでは、ドイツ車も日本車も同等です。ではなぜ”ドアが重い”車が、メルセデスのSクラスから、VWのポロまで当てはまるのか。

まず、よく言われることが、衝突で潰れた場合でも外から簡単にドアを開けられるよう考えているとのこと。数十秒の救出の遅れが命につながりかねない事故の場合、これは意外に重要な要素です。

また、ドアのヒンジやロックに使われるパーツの大きさ、内装に使われる素材、ガラスなども、見た目以上にドアの重さを左右しますし、ドアの開閉音も違って聞こえます。

最近の日本車も負けてない?

レクサスやマツダなど、ヨーロッパでの販売を意識している日本車も負けてはいません。世界的に環境性能や安全性能が均一化されていますので、ヨーロッパで話題の日本車はドイツ車のようなドアの作りになっています。

ちなみに、限られたサイズの軽自動車でもドアを閉める時の音に重厚感を持たせるようにしている車もあるようです。

最後に

ドアの重さや閉めた時の音の重厚感は、安全性能だけではなく、所有者の満足感を上げる要因にもなると思います。筆者が過去に乗っていたクラシックミニや軽バンは本当にペラペラのドアでした。当時は安全性能への関心が薄かったので気になることもなかったのですが、現行の車と比較するとなんとも頼りないドアでした。

以前は、重さに加えて、ドアを閉める時の音を聞けば、ドイツ車らしさを実感できる。なんて言われた時代もありましたが、グローバル化が進んだ結果、いまでは日本車もドイツ車と変わらない、もしくはそれ以上の性能を手に入れています。