なぜ日本車のタイヤは、フェンダーから大きく引っ込んでいるのか?

第2世代アキュラNSX

日本車やアメリカ車の足元は、ツライチとは程遠いオフセット、いわゆる「ツラウチ」になっている車種が多いようです。これはなぜでしょうか?

欧州車はツライチに近いセッティングを採用する場合も…

メルセデス・ベンツやその他欧州車を見ていると、ツライチとまでは言えなくても、ホイールのオフセット量が抜群!と感じるモデルがあります。(日本向けだけに大径ホイールが装着されているケースもありますが…)

これは、メーカーがチェーン干渉などの内規を設けていないことが、大きな理由のようです。

車検適合内であれば、日本車も欧州車と変わらないオフセットで販売できるはずですが、メーカー事情などが欧州車とは大きく違うようですね。

日本では雪が多く降る地域もありますが、「チェーン装着不可」の車両が存在するならば、もう少しオフセットを見直しても良いのでは?と思う人が多いのも事実です。

それでもホイールを引っ込ませる日本車

チェーン装着の可否は、雪国では大きなポイントとなりますが、それによってデザインに制約ができてしまうのでは、モデルによっては大きな痛手です。

タイヤが内側に入った足元が好き!という方もいると思われますが、欧州車と比較してみると、ちょっとばかり残念な気分になるのも事実。欧州の雪国では、チェーンを装着して走るのはレアケースで、多くのオーナーはスタッドレスタイヤをチョイスしています。

最近は、ホイールアーチとタイヤのクリアランス(拳が入るような隙間)は、ずいぶん解消されてきたように思いますが、オフセット方向はまだ改善の余地がありそうですね。