押したら危険?!「TRC OFF」のスイッチの意味とは

ホイールスピン

TRC OFFは、車の運転席周辺に設置されているボタンの1つです。

しかし、頻繁に使っているという人は少ないでしょう。

そもそも、TRC OFFのスイッチにはどのような意味や効果があるのでしょうか。

Chapter
タイヤが空転するのを防ぐ

タイヤが空転するのを防ぐ

そもそも、TRCとは「トラクションコントロール」の略称であり、車が発進や加速を行う際にタイヤの空転を防止するための制御システムの1つです。

そして、TRC OFFのスイッチは空転を防止する状態を解除するためのスイッチになります。

TRCがONになっている場合、タイヤの空転を感知するとエンジンの出力が制限されます。

また、空転しているタイヤにブレーキをかける形式のTRCシステムもあります。

スイッチを押してトラクションコントロールを切ると、TRCシステムが動作しなくなり、アクセルに反応してタイヤは空転し続けることになります。

これが有効となるのは、ぬかるみや雪などにはまってしまい(スタック)、脱出したいとき。

TRCをオフにしてタイヤを空転させ続けることで、脱出できる可能性が高くなるのです。

また、トラクションコントロールを切る場面としては、サーキットなどでドリフト走行を行うシーンが考えられます。

トラクションコントロールが生きている状態では、タイヤを空転させて横滑りさせながら走るドリフト走行が非常に困難になります。

そこで、TRC OFFのスイッチを押してタイヤが空転できる状態、つまり車の挙動が自由になる状態にすることで激しいスポーツ走行が可能になるのです。

以上のように、TRC OFFのスイッチを押してトラクションコントロールを切るシチュエーションは、基本的に日常的に訪れるものではありません。

普段は、TRCはONにしたまま安全運転に務めた方がよさそうです。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道