高速道路の「非常電話」って誰に繋がるの?どんな時に使う?

非常電話

非常電話は、高速道路の路肩やトンネル内、各SA・PAに設置されています。

非常電話という名称から、緊急事態が起きたことは予想できますが、ほとんどの人は誰につながるかも知らず、使ったこともないはずです。

高速道路の非常電話は、どのように使えばよいのでしょうか。

Chapter
非常電話は道路管制センターの係員に直通する

非常電話は道路管制センターの係員に直通する

NEXCO各社が管理している高速道路の場合、非常電話は高速道路であれば本線1km、トンネル内部には200m間隔で設置されているほか、各SAやPAにも設置されています。

使い方は極めて単純で、基本的に連絡先の番号などを入力する必要もなく、受話器を上げるだけで繋げることができます。

高速道路の非常電話が繋がる先は、道路管制センターに常駐している係員です。

連絡を受けた状況から緊急対応が必要となった場合、道路管制センターより交通管理隊の出動が要請され、現地に急行します。

さらに、多重事故などの発生を防ぐため、道路情報板の点灯により後続車に注意を促すといった対応を行います。

非常電話を使うシーンとしては、事故を起こした/事故が起きているようなケースや、車が故障して自走不可能になってしまったケースなどが一般的でしょう。

また、周囲に非常電話がない場合、携帯電話やスマートホンから道路緊急ダイヤル(#9910)にかける方法もあります。

この方法のメリットは、電波があればどこからでも連絡できる点にあり、自動音声の誘導に従って道路の管理者を選択することで、選択された道路管理者につなぐことができます。

ただし、電波が届かない場所では、もちろん携帯電話やスマートホンは使用できません。

さらに、故障や事故などが発生した場合、当事者が冷静でない場合も多く、現在地を伝えられず位置を特定しづらいケースもあるようです。

一方、非常電話を使った連絡は、道路管制センターとつながった時点で発信場所が特定できるシステムとなっています。

そのため、山間部や土地勘がないといった理由で、現在地が特定しにくい場合でも、説明することなく位置を伝えられるというメリットがあるのです。

高速道路上での事故や故障は、誰でも遭遇する可能性があります。

非常電話の使い方はただ受話器を上げるだけですが、見つからない場合に備えて携帯電話やスマートホンに、道路緊急ダイヤルの番号を登録しておいたほうが良いかもしれません。