ウォッシャー液のかわりに水道水を入れるとカビが発生!?注意点をご紹介

ウォッシャー液

ウォッシャー液とは、フロントガラスを洗浄するためのものであり、普段からよく使用するドライバーも多くいるでしょう。

気軽に使える分、消耗するスピードも速くなりがちです。

もちろんなくなっても、カー用品店などですぐに購入し補充できるものですが、そもそもウォッシャー液でないとダメなのでしょうか?水道水で代用しても良いのでしょうか?

Chapter
カビが生えたり目詰まりしたり冬場は凍結の可能性も

カビが生えたり目詰まりしたり冬場は凍結の可能性も

ウォッシャー液とは、ウィンドウを清掃するための液体であり、「食器用洗剤」や「洗濯用洗剤」と同じように、液体の中にはさまざまな成分が含まれています。

またウォッシャー液には、界面活性剤とメタノールを主な成分とする「ノーマルタイプ」、シリコンやフッ素などを混ぜた「撥水タイプ」、油汚れに強い「油膜取りタイプ」、塩化カルシウムなどを含む「解氷タイプ」などのいくつかの種類が用意されており、原液のまま使用できるものもあれば、水で薄めて使用する製品などもあります。

このように、一口でウォッシャー液と言っても成分ごとに種類が別れており、例えば「撥水タイプ」と「油膜取りタイプ」のように相性の悪い組み合わせも存在しているため、基本的には、ウォッシャー液を補充する際は同タイプの液を使うことが推奨されています。

その上で、応急処置として水道水で代用する手段を選ぶ人もいますが、結論として水道水を入れたからといっていきなり使えなくなったり壊れたりすることはありません。

しかし前述したように、ウォッシャー液には、さまざまな成分が含まれており、特に特にメタノールや塩化カルシウムは、ガラス表面やウォッシャータンク内部の液が凍結することを防いでいます。

加えて、メタノールと界面活性剤に防腐剤が含まれているため、タンク内にカビが発生する可能性も極めて低くなっています。逆を返せば水道水は、凍結や腐敗する可能性がウォッシャー液よりも高いとも言えます。

また、水道水にはカルキなどが含まれているため、目詰まりする可能性もあります。こういった理由からも、ウォッシャー液の代わりに水道水を補充することは推奨されていないのが実情です。

水道水の補充は、あくまで一時的な応急処置にしかならないため、ウォッシャー液の補充/交換の際は自分に適したものを購入し、適切に使用するのがベストでしょう。

商品詳細