コインパーキングは48時間までって知ってた?超過するとどうなるの?

コインパーキング

多くのコインパーキングでは、48時間を超える駐車が禁止されているのをご存知でしょうか。

駐車時間が長くなればなるほど、コインパーキング側には多くの利益があるはずなのに、なぜ制限時間を定めているのでしょうか。

なぜ48時間なのか、法律違反になってしまうのかについて解説します。

Chapter
コインパーキングは長期間の利用を想定していない
時間を超えてしまった場合は管理会社に連絡を

コインパーキングは長期間の利用を想定していない

多くのコインパーキングでは、利用時間の制限を48時間に設定しています。例えば、大手のコインパーキング運営会社であるタイムズでも駐車時間は最長48時間としており、三井のリパークでも利用時間は原則48時間としています。

ただし、この利用時間は法に基づいたものではありません。ですが、タイムズのパーキング利用約款を見てみると、「タイムズは、短時間駐車するためのスペースを有償で提供することを目的とするものであり、車両をお預かりするものではありません。」としています。つまり、コインパーキングは短時間の利用を想定しているということです。

仮に駐車場に制限時間を設けず、車両が長期間放置されてしまうと、駐車場運営側の判断で車両を撤去することが難しいという背景もあるようです。

長期間放置状態にあるような車両を撤去する場合、非常に複雑な行政手続きが必要になるケースが多く、時間が掛かる上にトラブルに発展するケースも。そのような事態を回避するために、コインパーキングには利用時間の制限を設けているようです。

時間を超えてしまった場合は管理会社に連絡を

前述したようにコインパーキングの利用制限時間には法的根拠はないものの、駐車場側より警告がなされるケースが一般的です。前述したタイムズでも、48時間を超えて駐車している車両には長期駐車として警告の張り紙を行う可能性があるとしています。

そのため、もし万が一利用制限を超えてしまった場合は、管理会社や運営会社のカスタマーセンターに連絡を行うようにしましょう。会社によって異なりますが、超過金の支払いなどがあればそこで案内がされるようです。

また、48時間を超えて利用したければ、事前に連絡をすることで承認される場合もあるようです。タイムズやリパークでも、入庫時にコールセンターへ連絡することを推奨しています。

なお、一部では利用制限時間を48時間ではなく72時間に設定しているコインパーキングも存在します。利用制限時間については、駐車場の看板などにも記載されていることがほとんどなので、いずれにせよ、コインパーキングを利用する際は、一度内容を確認しておくと安心でしょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道