【プロ解説】トヨタ ヤリスのエンジンやミッション等のスペックを徹底解説!!

トヨタ ヤリス

ヤリスは、トヨタのクルマ構造改革である「TNGA」に基づいて開発されたパワートレインを搭載しています。

高い熱効率を実現したエンジンそしてそのエンジンを核としたハイブリッドシステムは、クラストップレバルの走行&燃費性能を発揮しています。

ここでは、ヤリスクロスに搭載されているパワートレイン、トランスミッションそして4WDシステムについて紹介します。

文・写真/萩原 文博

Chapter
エンジンのスペックを紹介
トランスミッションを紹介
システムについて紹介

エンジンのスペックを紹介

ヤリスに搭載されているパワートレインは先代と同じ1L直列3気筒ガソリンエンジンと、新開発の1.5L直列3気筒ガソリンエンジン。そしてこの1.5エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムの3種類が用意されています。

最高出力69ps、最大トルク92Nmを発生する1L直列3気筒エンジンは、街乗りで使用頻度の高い、低・中速域のトルクが充実しているのが特徴で、燃費性能はWLTCモードで20.2km/Lを実現しています。

そして、新開発されたダイナミックフォースエンジンと呼ばれる1.5L直列3気筒直噴ガソリンエンジンは、トヨタのクルマ構造改革である「TNGA」の思想に基づき開発されたパワートレインです。キビキビした走りと環境に配慮したクリーンな排気と燃費の良さ。そして日常での使いやすさと運転の楽しさを両立しています。

ロングストローク化、バルブ狭角の拡大などの高速燃料技術を採用し、最高出力120ps、最大トルク145Nmという高出力とWLTCモード19.2~21.6km/Lという優れた燃費性能を両立しています。またコンパクト化と軽量化を徹底的に追求し、軽快な走りの楽しさと優れた燃費性能を実現しています。

ヤリスに搭載されているハイブリッドシステムは、高速燃焼を実現し熱効率の向上を実現した1.5L直列3気筒エンジンを採用しています。最大熱効率は40%以上となり、低回転からスムーズな加速フィーリングが特徴です。

実用域での軽快感と燃費性能の向上を高次元で両立。さらにハイブリッドシステムも電気系・機械系損失を大幅に低減し、ハイブリッド世界トップレベルの低燃費を実現しています。

システム最高出力116psまで向上と同時にアクセル操作に対するレスポンスを向上させることで、クルマを意のままにコントロールでき、いつまでも走っていたくなるような気持ちの良い走りを実現しました。軽快なフットワークを実現しながらも、燃費性能はWLTCモードで30.2~36.0km/Lと国産車トップレベルを実現しています。

トランスミッションを紹介

ヤリスに採用されているトランスミッションはガソリン車、ハイブリッド車ともにCVTです。ガソリン車に採用されているのは1Lエンジンには、専用のワイドレンジ小型CVTを搭載。街赤で扱いやすく軽快な走りが特徴です。1.5Lエンジンには、ダイレクトシフトCVTと呼ばれるギヤ機構付のCVTが組み合わされています。

従来のCVTのメリットであるスムーズで低燃費な走りを生むプーリーとベルトに発進用ギアを追加し、低速から高速域まで力強くダイレクトな走りを実現しています。エンジンの低回転・高トルク特性をCVTの発進ギヤで活かし、気持ちの良い加速フィーリングを得られます。

システムについて紹介

ヤリスの駆動方式は1Lエンジン車が2WD(FF)のみですが、1.5Lエンジン車とハイブリッド車には4WDが用意されています。そして搭載している4WDシステムはガソリン車がダイナミックトルク4WD。一方ハイブリッド車がE-Fourと異なっています。

1.5Lエンジンの4WD車に採用されているダイナミックトルク4WDは前輪駆動に近い状態と4輪駆動状態を自動的に電子制御するシステムです。通常走行時には、燃費効率の優れた走行状態を実現。発進・加速時や滑りやすい路面、コーナリング時などにでは車両の状態に合わせて最適な駆動力を後輪に配分します。

一方のハイブリッド車に搭載されているE-Fourと呼ばれる電気式4WDシステムは、無駄なく、賢く、そしてスムーズな走行を追求したシステムです。発進時や雪道などの滑りやすい路面で、スムーズに4WD状態へ切り替えることで、発進性、走行安定性をアシストします。

また、システムを小型軽量化し、車両後方にコンパクトに配置することで、低燃費に貢献しながら、足元のスペースや荷室容量のゆとりも確保しています。そして前後輪のトルク配分量はマルチインフォメーションディスプレイに表示されます。

先代モデルのヴィッツでは、ハイブリッド車の駆動方式は2WD(FF)しか設定されていませんでした。

現行型のヤリスは1.5Lのガソリン車だけでなく、ハイブリッド車にも4WDが設定されているのは、降雪地ユーザーには朗報でしょう。

ガソリン、ハイブリッド問わずクラストップレベルの燃費性能を発揮するヤリスのパワートレインは魅力です。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博