ホンダ 5代目レジェンド(KC2型)はシートアレンジが快適! シートまわりの機能・装備を徹底解説!

レジェンド

今回は、ホンダ 5代目レジェンドのシートアレンジを含む、シートまわりについて解説していきます。

2015年に生産終了から復活した5代目ですが、2021年12月末で狭山工場が閉鎖するため、また生産終了予定とのことです。

なかなかに憂き目にあうことの多いクルマとなってしまいますが、それだけに今買う価値があると言えるかもしれません。

そんな5代目レジェンドのシートアレンジ、シートまわりの機能や装備、室内空間について紹介しましょう。

Chapter
ホンダ 5代目レジェンドはそもそもどんなクルマ?
ホンダ 5代目レジェンドのフロントシート(前席)のアレンジ機能
ホンダ 5代目レジェンドのシートまわりの機能・装備
ホンダ 5代目レジェンドのラゲッジルーム(荷室)の容量
ホンダ 5代目レジェンドの室内空間と音響
ホンダ 5代目レジェンドは前席のアレンジ・室内空間が快適!

ホンダ 5代目レジェンドはそもそもどんなクルマ?

まずは、ホンダ レジェンドを含むレジェンドという車種について、軽く紹介します。

レジェンドは、1985年に誕生しました。当時、ホンダではじめてV型6気筒エンジンを搭載したことで話題になったものです。

セダンでこれだけのエンジンを搭載するということで、走りを楽しみたいという層からの支持を得ました。

それだけではありません。快適な走りを作るための足回りの調整なども秀逸なところです。

1987年には日本車で初となるSRSエアバッグを搭載しました。

1988年にはマイナーチェンジでエンジン・足回りが刷新されたグレードを設定し、走りを楽しむという面を強化。

さらに翌年の1989年にはFF車では初となるトラクションコントロールを搭載しています。

必要な機能・需要のある機能や調整をすぐに行い、フラッグシップモデルとしての貫禄を保ってきたと言っても良いでしょう。

しかし、2012年に生産終了。2015年に5代目として大幅にリニューアルをして復活しました。

動力性能と燃費性能、安全性能に至るまで大きくグレードアップ。時代に合わせた技術を盛り込んだとも言えるでしょうが、時代を先取りしているとも言えるのではないでしょうか。

2014年に発表されたばかりのHonda SENSING(ホンダセンシング)を早速標準搭載していることで、話題を呼びました。マイナーチェンジではホンダセンシングの機能を追加し、2021年7月現時点では10の機能が搭載されています。ホンダのクルマの中でも、随一の搭載数です。

しかも、大衆車などではオプションになることの多いACCなども全て標準搭載しています。

メーカーオプション設定はナビ関係のみにとどめ、標準装備でしっかり完成させているのが5代目の特徴のひとつです。

フラッグシップモデルなので価格は高いですが、それだけにクオリティも高い。お値段以上の体験ができるクルマだと言えるのではないでしょうか。

ホンダ 5代目レジェンドのフロントシート(前席)のアレンジ機能

レジェンドは、フロントシート(前席)のアレンジ機能が徹底されています。

まず、運転席&助手席8ウェイパワーシートが搭載されているのです。前後スライド、リクライニング、ハイト前後の合計8方向となっています。

シートポジション調整は、案外悩ましい点です。4ウェイ・6ウェイでも調整はできますが、全てを自分好みに完璧に仕上げるのは困難だと言わざるを得ません。調整はできても微調整とまではいきませんから。

8ウェイもあれば、しっかりと自分の理想に仕上げることができるでしょう。

さらに、4ウェイ電動ランバーサポートを運転席・助手席両方に搭載しています。快適性という意味では、これがとても重要です。

ランバーサポートとは、身体の腰の部分の張り出しを支えてくれるもの。理想的な着座姿勢になるようサポートしてくれるアイテムですが、クルマのそれは通常調整がききません。

家の椅子であれば、自分の理想の形のものを購入すれば良いですが、クルマでは一体化しているため据え置きです。

メーカー側はもちろん人間工学に基づいたデザインをするなど、多くの人の体に合うように作ります。

ただ、誰の体にも合うわけではありません。合わないサポートであれば無いほうがかえって楽です。

そんな悩ましい存在のランバーサポートを電動で4方向に調整できるため、これまではランバーサポート不要論を唱えていた方でも満足できる結果が得られるのではないでしょうか。

また、運転席には乗降退避機能も付いています。

これは、乗り降りしやすいよう、自動でシートが位置調整してくれるという機能で、これにより乗り降りも楽になります。

ホンダ 5代目レジェンドのシートまわりの機能・装備

レジェンドの前席は、形状・構造がこだわり抜かれています。

まず、背もたれが高いです。

どんな身長・体型の人でも、しっかりと包み込むようにサポートしてくれます。

そのうえ、背もたれが多面体になっており、各面が一体感を持って上半身をしっかりと受け止めて、ホールドしてくれます。

クッションは多層構造となっており、適度な沈み込みになるよう調整されているのです。

沈み込みすぎると長時間運転には不向きですし、かと言って硬すぎても疲れてしまいます。

沈み込みとクッション硬度が最適化されていることにより、短時間でも長時間でも疲れにくく快適な乗り心地を実現しているのです。

レジェンドはスポーティな走りもできますが、その際にはサイドサポートが横Gからしっかりと守ってくれます。

コンフォートな走りもスポーティな走りも全てこなすレジェンドだからこそ、どんな状況においても快適で楽なシートを搭載したのでしょう。

さらに、前席まわりには機能も充実しています。

たとえば、シートヒーターです。

これは運転席・助手席・リア左右席全てに搭載されており、冬でも座面が冷たくならず、快適に乗ることが可能です。

助手席にはシートリモートコントロールスイッチを搭載していますし、フロントにはドリンクホルダーもあります。

シートバックポケットは助手席のみというケースがほとんどですが、レジェンドは運転席にも完備。これでリアシート(後席)に座る人の不平等感は無くなります。

また、フロント・リアともにフットランプを搭載しているのも地味にありがたい点ではないでしょうか。

目玉となるようなアレンジ機能とシート形状はもちろんですが、痒いところに手が届くような装備の設定もレジェンドの魅力だと言えるのではないでしょうか。

ホンダ 5代目レジェンドのラゲッジルーム(荷室)の容量

レジェンドのラゲッジルーム(荷室)の容量は、414Lです。セダンなのでワゴンのような広々とした荷室ではないものの、上手に載せればゴルフバッグを3個積載させることができます。

セダンの荷室の容量としては、十分ではないでしょうか。

ただし、レジェンドにはトランクスルー機能がありません。

後席は倒れないようになっており、荷室を拡張するのは不可能です。

純正アクセサリーもラゲッジネット、ラゲッジトレイ、ラゲッジボックスなどより使いやすくするものはありますが、拡張性をもたせるようなアイテムはありません。

また、レジェンドの荷室はパワートランクとなっています。

トランクリッド内側にあるクローズスイッチを押せば、自動的に閉じていくという機能です。

閉める際に力が要らないのは、便利ではないでしょうか。

さらに、トランクアンダーボックスを装備しています。小物類程度は、スッキリと収納しておけるでしょう。

そして、荷室内に2ヶ所コンビニフックがあります。買い物袋をかけながら、床面には他の荷物を置くことも可能です。

このような装備をうまく使えば、容量を最大限活用することができます。

ホンダ 5代目レジェンドの室内空間と音響

レジェンドの室内空間は、広いです。室内長2,080mm、室内幅1,540mm、室内高1,155mmと数値だけで見てもなかなかの広さがあります。

そのうえ、後席の形状から足元・膝前の空間を広く取ることが可能です。

後席も前席のような多面構造の背もたれになっています。

座面の形状と背もたれの形状を見ると、深く座りやすくなっているのです。

そのうえ、背もたれの独特な構造の恩恵を受けるには深く座る必要があり、自然と深めに腰をかけるようになります。

これにより、足を組んでも余裕のある空間となっているのです。

音響も、室内空間を彩る要素の一つですが、レジェンドはKrellと共同開発したオーディオシステムを搭載しています。

Krellは、アメリカで最大と言えるハイエンドオーディオ機器メーカーです。

その性能の高さは世界でも名高く、Krellのカーオーディオはとても贅沢だと言えます。

アンプにはKrellのバイポーラ・トランジスターを採用し、スピーカーには合成繊維ザイロンを採用。ザイロンは防弾チョッキにも使われるほど強靭なものです。

これらにより、音がクリアでシャープになっています。

中低音域用のスピーカーが6基、高音域用のツィーターを6基搭載。ツィーターは最高音域でも繊細な音の表現をしてくれるため、音源の再現度が高くなります。

スピーカー数は合計14、それらすべての配置にこだわっているため、全ての席で臨場感のある音を楽しむことが可能です。

ホンダ 5代目レジェンドは前席のアレンジ・室内空間が快適!

レジェンドは、前席のアレンジ性がとても高いです。

高級車でもランバーサポートは動かないこともあるのですが、8ウェイパワーシートに加え4ウェイランバーサポートまで搭載。徹底的にシートポジションにこだわることができます。

そもそものシート形状も優れており、これらの機能と合わせることで極上のスポーティシートとなるのではないでしょうか。

シートの素材はこだわり抜かれたレザーとなっており、これも優れた座り心地に影響を与えています。

室内空間も広く、後席で足を組んだとしても余裕がある快適性の高さ。素材・音にいたるまで徹底的に考え抜かれた室内空間。

シートアレンジだけでなく、全てがレジェンドの快適性をつくっていると言っても良いのではないでしょうか。

気になる方は、一度見積もり・試乗だけでもしてみると良いかもしれません。

※2021年7月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道