ホンダ 5代目レジェンド(KC2型)は便利なオプションが豊富!アクセサリーを徹底紹介

レジェンド

今回紹介するホンダ 5代目レジェンド(KC2型)は、長い歴史を誇っているホンダのフラッグシップモデルです。

1985年に誕生して一時は生産終了になりつつも、2015年に復活を遂げて現行は5代目となりました。力強い走りをしてくれるうえに快適性も高い走行性能を備えているのが、特徴です。

フラッグシップモデルということで、装備やオプションに関しても期待している人が多いでしょう。他の車種ではオプションになるような装備が標準装備になっていれば、嬉しいのではないでしょうか。

そこで今回は、5代目レジェンドの標準装備、純正オプション、純正アクセサリーについて紹介していきます。

Chapter
ホンダ 5代目レジェンドはどんなクルマなのか
ホンダ 5代目レジェンドの便利な標準装備を紹介【安全装備編】
ホンダ 5代目レジェンドの便利な標準装備を紹介【快適装備編】
ホンダ 5代目レジェンドの純正ナビオプションをご紹介
ホンダ 5代目レジェンドの便利な純正アクセサリーをご紹介
ホンダ 5代目レジェンドは装備が豪華! アクセサリーで自分好みにしよう

ホンダ 5代目レジェンドはどんなクルマなのか

まずは、ホンダ レジェンドがどのようなクルマなのかについて、歴史を含め紹介しましょう。

レジェンドが生まれたのは、1985年です。当時はホンダではじめてV型6気筒エンジンを搭載しており、3ナンバー仕様のクーペも用意されているということで、注目されました。当時はセダンが人気がありましたが、これだけのイカツイエンジンを積んだ高級セダンというのはなかなか無かったのです。

セダンは快適性・居住性が命ですが、快適な走りを作るのはエンジンと足回り。走りを楽しむこととスムースで快適な走りを得ることとは矛盾しない、ということで走りを楽しむ層への訴求も行われてきました。

1988年10月のマイナーチェンジの際にはエンジンや足回りが刷新されたグレードを設定するなど、走りを楽しむ層に向けての訴求もより強化されていきます。

さらに、1987年には日本車として初のSRSエアバッグを搭載し、1989年にはトラクションコントロールがFF車として初搭載されるなど、何かと「初」が多い車種です。そのような意味で、伝説をつくったと言っても過言ではないでしょう。

そして、強度が高く軽量な素材を骨格に使い、ボディデザインも軽量化・空力性能向上に特化したようなものとなっているのが特徴です。走りの安定感と一体感、効率よく走ることによる低燃費さが魅力となっています。

走りが楽しく快適な乗り心地で、安全性能と燃費性能が高いという点は初代以降もずっと受け継がれてきました。

もちろん、5代目も同様です。

先代・4代目が2012年に生産終了し、2015年に5代目として復活。その際、大幅にリニューアルされ、動力性能・燃費性能、安全性能全てがグレードアップされました。2年半の月日が経ち技術が向上したことも、大幅リニューアルを遂げた理由のひとつでしょう。

特に先進安全装備の発展はめざましいです。2014年に発表されたHonda SENSINGを早速搭載するだけでなく、マイナーチェンジで機能追加を行いました。2021年3月には「Hybrid EX・Honda SENSING Elite」が発表され、さらなる安全性能の向上が見られます。

そんなレジェンドも2021年12月末の狭山工場閉鎖に伴い、同年12月末をもって生産終了予定です。

買うなら今だ、と言えるでしょう。

ホンダ 5代目レジェンドの便利な標準装備を紹介【安全装備編】

ホンダ レジェンドの安全装備はとても豪華です。筆頭として挙げられるのが、Honda SENSING。車種ごとに機能を絞ったりしていますが、レジェンドには10の機能が搭載されています。

衝突危険性を検知して被害を軽減するためブレーキをかけてくれる衝突軽減ブレーキに、誤発進抑制機能歩行者事故低減ステアリングなどなど…。もしものときに役立つ機能が満載です。

特に運転者として使う頻度が高いだろう機能は、渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)でしょう。

ACCは、あらかじめ設定しておいた車速内で自動的に加減速してくれる機能です。アクセル操作をシステムが肩代わりしてくれるため、ステアリング操作に集中できます。特に、高速道路を使った長距離移動の際には疲労が軽減されるでしょう。

そのうえ、レジェンドの場合は渋滞時に前方車両に追従してくれる機能も搭載しています。渋滞時はスマホを見るなどして気を紛らわしている人も多いでしょうが、そうすると前方車両が動いたときに気づけず後続車両にクラクションを鳴らされてしまうこともあるでしょう。そのような事態を防ぎやすくなります。

一度スイッチを押す必要があるとはいえ、先行車発進お知らせ機能があるので渋滞でクラクションを鳴らされる機会は減るでしょう。

さらに、渋滞運転支援機能付きのトラフィックジャムアシストを搭載しています。これは、高速道路で低速走行をしている際、前方車両の車速変化に合わせて車間距離を保ち、車線中央付近を維持するようステアリング操作の支援まで行ってくれる機能です。

ACCと併せて作動し、渋滞時の繊細な操作による運転ストレスを和らげてくれます。

他にも、オートハイビーム標識認識機能車線維持支援システム路外逸脱抑制機能などが搭載。安全性と快適性両方が高まるのではないでしょうか。

もちろん、Honda SENSING以外にも後退出庫サポートVSA・EBDなどさまざまな安全装備があります。全ての機能の詳細を語り尽くせないほど多いです。

さすがフラッグシップモデル、と言ったところでしょうか。

ホンダ 5代目レジェンドの便利な標準装備を紹介【快適装備編】

ホンダ レジェンドには、快適装備・情報表示機器類も多数備わっています。

特徴的なのは、ヘッドアップディスプレイでしょう。インストルメントパネル上部、ドライバー正面に配置されています。システムオンになるとポップアップし、さまざまな情報を表示してくれる頼れるディスプレイです。視線移動を最小限に抑えられるため、快適性・安全性ともに高まります。

シートまわりも見てみましょう。

運転席と助手席は、両方とも8ウェイパワーシートです。スライド、リクライニング、ハイト前後の8方向。運転席には乗降退避機能もついており、乗り降りする際に運転席シートが自動的に乗り降りしやすい位置に動いてくれます。

そのうえ、運転席と助手席両方ともに4ウェイ電動ランバーサポートを搭載。上述の8ウェイも合わせると実質12ウェイパワーシートということになり、これだけ動けば完全に自分に体格やドライビングポジションに合うように調整することができるでしょう。

助手席には、シートリモートコントロールスイッチも付いています。

さらに、フロントシート(前席)は両方ともスポーティプレミアムシートを装備。背もたれが高いうえに多面体となっており、上半身をシートが一体感を伴って受け止めてくれます。クッションは多層構造で適度に沈み込むので、硬すぎず柔らかすぎずといった座り心地を実現。

サイドサポートは背もたれは高さ、クッションは硬度を最適化し長時間の走行でも快適性を損ないにくいつくりになっています。

リアシート(後席)も背もたれが高く、多面体の似た構造のシートです。幅も十分確保されているため、大柄でもくつろぐことができるでしょう。膝前は、足を組んだ状態でも広さに余裕があります。

左右席の間には幅が広めの隔たりがあり、キャプテンシートではないものの擬似的にキャプテンシートのような感覚を得ることもできるでしょう。

ホンダ 5代目レジェンドの純正ナビオプションをご紹介

ホンダ レジェンドには、ナビ関係以外にメーカーオプション設定はありません。

ホンダ純正のインターナビを搭載することができます。Honda独自の通う新型ナビで、装着車の走行情報を収集して交通情報として配信する、という一風変わったものです。Honda独自の交通情報が蓄積されており、他のナビとは異なる情報を配信してくれます。

特にルート表示に関しては、実際に走行した車の情報を元にして更新するため、よりリアルタイムで正確性が高いです。防災情報もタイムリーに受け取ることができます。通信費は無料です。

有料プランにはオートリルート、音声案内、ノースアップ/ヘディングアップ切り替えなどの機能があります。

さらに、ナビと連動するVICS光・電波ビーコンユニットもオプションで搭載可能。渋滞時の迂回ルート検索など、便利な情報提供を行ってくれます。

ホンダ 5代目レジェンドの便利な純正アクセサリーをご紹介

ホンダ レジェンドには、純正アクセサリーもいくつか用意されています。

たとえば、フロント・リアの2ヶ所に設置するワイヤレス充電器です。ケーブル接続の必要が無く、所定の場所に置くだけで充電ができます。車内手元・膝にケーブルがあたって鬱陶しい、ということもありません。

所有欲をさらに強く満たしたいなら、パターンプロジェクターがおすすめです。LEDホワイトイルミネーションが、ドアが開いた際、地面に浮かび上がります。高級車にありがちなちょっとした演出ですが、何か特別感が欲しいという人にはおすすめです。

ラゲッジルーム(荷室)をより便利に使いたいなら、ラゲッジボックスやトランクトレイがおすすめ。ボックスはラゲッジルーム内に置いておけるもので、配置の自由度は下がるものの、整理するのに便利です。

トランクトレイは、トランクの形状にぴったりおさまります。防水タイプなので、液体を運ぶときに便利です。

物を固定したいならトランクネット。レジェンドには四隅にフックがありますが、これに取り付けて使うことができます。

ホンダ 5代目レジェンドは装備が豪華! アクセサリーで自分好みにしよう

ホンダ レジェンドは、フラッグシップモデルだけあって標準装備ですでに豪華仕様です。

シートの形状はこだわったものとなっており、快適性が非常に高いです。リアもおろそかにせず居住性を追求しているところも好印象。

そしてなんと言っても、安全装備の充実度が高いです。Honda SENSINGの機能をギッシリと詰め込んだだけでなく、基本的な安全装備や後退出庫のサポートなど手厚さは日本車でも随一でしょう。

ホンダ レジェンドはメーカーオプションがナビ関係以外になく、標準装備でしっかり固めているため、何もしなくても便利で快適かつ安全に乗り回すことができます。

興味がある方は、今のうちに見積もりだけでもしてみてはいかがでしょうか。

※2021年7月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道